⇨【体験談!】現役就活ニートが就職shopを本音で語る
wagalife.workへようこそ

27歳元ニートが、実体験から就職・再就職する方法を書くブログです

ブログ記事一覧

自堕落寝たきり引きこもりニートが知りたい100年先の日本!ニートを続けても意外とどうにかなるゆるふわな考えを持つのも大事!

ニート 悩み

27歳三十路間近だけど、20代で自堕落寝たきり引きこもりコミュ障元ニートの僕でも就活はできました。

 

つまり、20代でもどうにかなるわけです。

0.LIFE SHIHT|100年時代の人生戦略から考える100歳(センチュリアン)の未来

LIFE SHIFTによれば、、、

  1. 先進国(日本・アメリカ•中国etc)で生まれる子供の50%が105歳まで生きる
  2. 過去200年間平均寿命は10年に2年以上のペースで伸びてきた
  3. いま20歳の人は100歳以上、40歳の人は95歳以上生きる確率が半分以上ある

と言及しています。現在20代の人ならばほぼ50%以上の確率で100歳近くまで生きる時代が当たり前になる以上、生き方を20世紀の考えに基づいて行動すると50歳以降の人生の後半戦を生き抜くことが難しくなる可能性があります。

2050年には日本の100歳以上人口は100万人を超える見込み。また、2007年に生まれた子供の半分は107歳以上生きることが予想されます。

長寿化時代に人生の新しいステージが生まれる

今までの人生は「教育20年→仕事40年→引退(余生)」という3ステージで構成されてきた。しかし、年金の支払いが70歳にまで引き伸ばされている現状を見るに「引退年齢が70〜80歳」までになる可能性があります。

 

言い換えれば、死ぬまで働く時代。とすら言えるのです。

 

この事実は怖いと感じる反面、それぞれの年代において今までの常識は通用せず、そもそも人生をかけて働く姿勢を忘れてはいけないことを示唆しています。

Work as Lifeの時代とは100年生きる示唆だと考える

落合陽一が考える理想の働き方「Work as Life」とは?

Work as Life(プライベートとの区別なく、人生を通しての仕事を行う)を求められる時代が、100歳まで生きるために必要なんだなと感じています。

 

近代の時間割で8時間毎日働くことも当然生きるために必要だけど、人生100年を通じて仕事(社会へ新たな価値を与える)とは何か?を考えることも大事だなと。

1.20代ニートはだいじょぶ説!自堕落寝たきり引きこもりニートが知りたい100年先の日本とは?

ニートが20代の人生を自堕落に寝過ごし憂鬱に日々を過ごしていると、自分は将来どうなるのか?もう俺の、私の人生は終わっているのではないかとすごく心臓を握り潰されるくらいキリキリと痛くなる時があります。

 

大抵、雨が降ったりして気分が落ちてて、嫌な気持ちが心を支配している時に、未来を考えて悩んでは今まで適当に生きてきた自分を責めて、しかも、何も行動をしてこなかった過去に攻撃されます。

 

しかし、問題ありません。

 

僕は27歳までニートしていて、やべぇ、三十路ニートなんだ・・・と諦めつつも必死に就活したらどうにかなりました。

 

20代は好きにやっていいわけです。

 

50代とかでニートだと、もう生活保護くらいしか逃げ道はないでしょうけど、まあそれも人生です。日本は福祉国家なわけですから、別にいいと思いますよ。生活保護でも。

結論、20代でニートでも全く問題ない。そう思います。

20代、30代だからこうするべき!という幻想は壊れた

1994年にテレビデオというテレビとビデオデッキが融合した商品が発売されて一世を風靡をしたんですが、今更そんなもん使いません。

 

90年代の当たり前はとっくの昔に過去の事実。

00年代〜10年代ですら、もう忘れてしまった過去です。

 

考えるべきは、100歳まで生きる前提で何を選択すべきか?

 

そう考えると、20代でニートでも全然いいんじゃない?とすら思えてきました。海外では30代から大学に入り直して仕事を始める人もいます。

 

つまり、100年の間に学びながら、成長しながら少しずつキャリアを重ねながら生きていくことが、当たり前になるわけです。

 

日本では杓子定規のキャリア論しかありませんが、100年生きる。この事実に対して対応する以上、毎年毎年新たな選択をし、必要なら学び直す時間を作らなければ長期戦の人生を戦えません。

そうは言っても怖いものは怖い。早く働かなければ・・・

確かにそうです。その通り。

 

働きたいと感じているなら、ハロワでもエージェントでも利用して仕事を探せば良いだけの話ですし、東南アジアあたりに逃げ込むのも通過価格差を考えれば簡単そうです。

早く働かなければ。

その焦燥感があるなら、自分がどんな生き方をしたいのかをもう一度真剣に考えて欲しいです。下手によくわからない仕事をすると、途端に人生は黒ずんでいきます。

 

一度黒くなると、人はなかなか元どおりになりません。

漂白できないんですよね。人の心も人生も。

 

ゆえに、早く働かなければと感じる人こそ、一度足を止めて欲しいです。そこからゆっくりと考えて、ハロワ職業訓練を6ヶ月くらい受けるだけでも全然違います。

2. 20代は軽いランニング期間くらいに捉えて生きても良いのでは?ゆるふわに生きる人生があってもいい

少なからず20代ニートにとっては、20〜30歳の人生はランニング期間みたいなものです。僕は27歳で再就職ですよ。まあ人によっては20代前半で結婚したり30代までにいい感じに役職付いたりと色々あると思います。

 

しかし、ニートであることを選択した。

 

その決定は間違いなくあなたの求めるところです。他人がどんな人生を生きていようと、そんなことはどうでもいいことなんですよ。

食っちゃ寝する人生こそ人間が求め続けた1つの形

20世紀〜21世紀までの間に人々はめたくそ戦い続けて人権、領土、国家、個人の自由なんかを得るために必死でした。

 

特に20世紀の戦争期では、自由に日々を生きることこそ人類が求める最も重要な事柄として存在していたと思うのです。

 

時間をただ無為に貪る行為こそ、現代における贅沢な人生の使い方だと結構本気で考えていますし、信じています。

 

あ〜なんか飽きたな。もう暇つぶしはいいわ。

そうです。飽きたら就活するくらいの気持ちでいいのです。当然、それよりも前に怖くなって人は就活を始めます。

 

なんで、ちょっとやりすぎかな?くらいの勢いでニートを続けて本気になったら就活して働き出す。

 

これでいいんだよな。と今更就活し終えて感じています。

 

時間こそ、人生における最も希少な財です。その時間を無意味に貪るニートこそ、ローマ帝国時代の貴族的立ち位置にも近いのかもしれません。

ニートとは、人が持つ唯一不変の貴重品である”時間”を食いつぶす存在。だが、それがいい

ニートは24時間暇で、やることもなく、教育も受けず、仕事もしない以上、何もやることがありません。時間を食い潰すように生きるその有様は怠惰(なまけてだらしない様子)であることに、変わりはないでしょう。

 

しかし、17〜18cに工業革命が起き、19cに世界規模での動乱、戦争、そして、20cには日本においては最終戦争期と高度経済成長を経て、21cへと突き進むにあたり、時間、というか歴史の進む方向は人を怠惰にしていると言って差し支えないと思うのです。

 

当時の工業社会では16時間労働が当たり前であり、それ以外の時間は休息であって余暇ではありません。歴史的な労働時間の減少をググればまぁ、少なくなってきていることは明白です。

ニートとは、時間を食い潰すなまけもの

こう考えると、実は未来の人の1つのあり方を体現しているのでは?と再度考えることがあります。まぁ、社会人になって遅まきながら台風の中働きに出たバスの中で、感じました。

 

ニートはそういう存在なのです。飽きたり嫌になったり不安なら、就活です。

働こうとするための助走期間を、持ったまま生きて、100歳まで生きる人生の準備をすればよいだけです。

3.絵に描いたような親不孝クズクソニート4年目の僕は働くのが怖くて就職から逃げてた

27歳でどうにか働けていますが、以前の僕の精神状態は、、、

  1. 忘れることが多いのに仕事をミスなくこなせるか?
  2. 話すことが嫌いなのに人間関係がうまくいくか?
  3. 誰かに怒られることを恐れて精神的に辛くならないか?
  4. コミュ障のせいでうまく言いたいことを伝えることが出来ないメンヘラ

という具合で、よくもまあニートから脱却できたなと感じています。

絵に描いたようなクズ引きこもりコミュ障ニート乙な僕だけど、意外とどうにかなった。

 

その大きな理由は「100歳まで生きる時代なら、20代を適当に過ごしても全然お釣りがくるし、全く問題ないな!」という考えでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20代のうちに何かを成し遂げないと!働かないと!急がないと!!と焦燥感にやられて自分を追い込んでいたのが僕の大きな原因でした。

 

20代でニートでもいい。

 

その事実を、肯定してくれる何かが欲しかったんだと思います。

もう一度いうと、

ニートはそういう存在なのです。飽きたり嫌になったり不安なら、就活です。

働こうとするための助走期間を、持ったまま生きて、100歳まで生きる人生の準備をすればよいだけです。

ニート就職・転職支援サイトランキングBest3

元27歳ニートの僕が再就職できた就職エージェント(就職shop)」&「Twitterでユーザー評価の高い既卒・第二新卒・社会人経験有り向けエージェント」を真面目にお伝えします。

「ジョブカフェ+1エージェント(就職shop)」を利用して内定を得た既卒第二新卒、ニートの人たちが10人以上います!

我がライフ
我がライフ

各県のジョブカフェにアクセスしたい場合はお手持ちのスマホから「ジョブカフェ」とググるとあなたが住んでいる近くのジョブカフェが検索結果に出てきます。

2018年〜2019年の間で「ジョブカフェ+1エージェント(就職shop)」を利用して内定を得た既卒第二新卒の人たち(ニート含む)が10人以上います。

そこで得た口コミを前提に既卒、第二新卒、ニートが就活を始めるなら、、、

  1. ジョブカフェ|公共の就職支援施設
  2. エージェント(就職shop)|就職獲得に特化をした営利型の就職支援施設

の2つを利用した方がより良い会社探しに繋がると強く感じて、今回はお伝えしています。

我がライフ
我がライフ

就職shopさんで良い職を見つけたいなら口コミ、体験談をチェック!

・エージェントのメリット・ジョブカフェのメリットについて

  1. エージェント(就職shop)|試験対策・面接対策・書類対策を重点的にガンガン学べる
  2. ジョブカフェ|20代を欲しがる会社との合同企業面接会がたくさんあって嬉しい

エージェント(就職shop)では実務的な側面、ジョブカフェではより多くの良い会社に出会うための場所としての側面のメリットが存在します。

一人で求人を探すことも大切ですが、エージェント(就職shop)に頼りつつ、ジョブカフェにも頼りつつもっともその時において最適な会社探しをすることが一番懸命な判断だと我がライフは考えています。

・当然、ジョブカフェ+1エージェントだけではうまくいかないことも多い...汗

傾向として既卒、第二新卒の人たちがジョブカフェ+1エージェント(就職shop)で自分たちにとって良い会社を選んでくれている点は素晴らしい点です。

 

しかしながら、それだけじゃあ就活がうまくいかないのも事実だな。と最近感じています。

 

当然の話で、ハロワだけでも、ジョブカフェだけでも、エージェント(就職shop)だけでも良い会社に出会える保証はないからこそ可能な限り頼れる相手、場所は複数以上持っておいたほうがいいわけです。

現状、就活をどうしようか迷っているならぜひジョブカフェ+1エージェント(就職shop)を利用しながら、自分なりに納得のいく形の会社を選べるように行動してくれるとすっごく嬉しいです...!!

少しではあると思うけれど、参考にしてもらえると嬉しいです。

我がライフ
我がライフ

by 当ブログ管理人の我がライフより

我がライフの大事なメモ
複数の人・場所から情報・意見・知識を取得しながら、最も自分にとって最適だと感じる会社を選ぶことが「ブラック企業に就職しない最重要な選択」です。

①.我がライフも就職できたニートの就職 / 転職支援率No.1エージェント:就職Shop 

登録はこちら(公式サイト)

我がライフ
我がライフ

我がライフも就職できたニートの就職 / 転職支援率No.1エージェントが就職Shopです。

ニートの正社員就職支援なら就職Shop

おすすめ度:★★★★★

求人数:★★★★★

使いやすさ:★★★★★

年収アップ率:★★★★★

就職・転職サポート:★★★★★

公式サイト:https://www.ss-shop.jp/

ニート、中退、既卒、高卒、第二新卒、社会人経験なしでも、書類選考がなく、履歴書で落とされることがない。学歴や資格じゃなく、人柄や意欲を評価する企業に正社員就職できる就職Shopです。

27歳までニートを続けた社会不適合者で新卒から挫折した僕でも就職Shopで再就職できたので就職支援を受ける1つの選択肢と選んでおいて損はありません。

正社員採用が良い。ブラック企業はいやだ。パワハラ・モラハラ・過労死なんてもってのほか。求人サイトは使いづらい...と」ブラック企業で働きたくないニートの方は就職Shopを1度は利用してみてください

就職shopに面談予約する

就職shop公式サイトに登録する
就職shop公式サイトへ→

就職shopは東京 ・新宿 ・銀座 ・西東京 ・横浜 ・千葉 ・埼玉 ・大阪 ・神戸 ・京都を中心にニートに対して就職・転職支援を行なっています。

②_A.20代ニート(第二新卒)の転職内定率No.1|ウズキャリ第二新卒

登録はこちら(公式サイト)

第二新卒の転職支援ならウズキャリ第二新卒

おすすめ度:★★★★★

求人数:★★★★☆

使いやすさ:★★★★★

年収アップ率:★★★★★

既卒・第二新卒転職サポート:★★★★★

公式サイト:https://daini2.co.jp/

ウズキャリ第二新卒はTwitter(SNS)での人気度・認知度・好感度が最も高く、ニート(第二新卒)の人が転職先を探している時に一度相談してほしいおすすめのエージェントです。

第二新卒から新しい職場探しをする時に「一体何から始めれば正解なんだ?と疑問を持っている人は悩みすぎて時間を無駄にする前にウズキャリ第二新卒に相談に行ってみて欲しい」です。

ウズキャリ第二新卒では専門職就職、転職するための無料スクールも用意しているので、就活・転活ができない不安を抱えている人は一度利用してみることをおすすめします。

ウズキャリ第二新卒では「東京大阪名古屋福岡」を中心に第二新卒20代の転職希望者への支援を行なっています。

第二新卒の人の間で「一番評判と口コミが良く、Twitterでウズキャリ第二新卒で転職成功した!」とよく聞くので第二新卒の人はウズキャリ第二新卒で相談してください。

②_B.20代ニート(既卒)の転職内定率No.1|ウズキャリ既卒

登録はこちら(公式サイト)

 既卒の転職支援ならウズキャリ既卒

おすすめ度:★★★★★

求人数:★★★★☆

使いやすさ:★★★★★

年収アップ率:★★★★★

既卒・第二新卒転職サポート:★★★★★

公式サイト:https://daini2.co.jp/

ウズキャリ既卒はTwitter(SNS)での人気度・認知度・好感度が最も高く、ニート(既卒)の人が転職先を探している時に、一度相談してほしいおすすめのエージェントです。

大学を卒業した後にそのまま既卒になってしまい、どうやって正社員枠で採用されるか分からずに時間ばかりが過ぎてしまうことってありますよね。僕(我がライフ)もそうでした...汗

既卒だけど今から正社員を目指したいと本気で考えているならウズキャリ既卒に相談をしてみて自分がどんな方向で働けるのかを検討してみてほしいです。

ウズキャリ既卒では「東京大阪名古屋福岡」を中心に既卒20代の転職希望者への支援を行なっています。

既卒の人たちの間で「一番評判と口コミが良く、Twitterでウズキャリ既卒で転職成功した!」とよく聞くので既卒の人はウズキャリで相談してください

③.実務未経験からIT企業就職・転職率No.1無料プログラミングスクール:GEEK JOB

 ニートが就職しやすいプログラミングスクールはGEEK JOB

おすすめ度:★★★★★

求人数:★★★★★

使いやすさ:★★★★★

年収アップ率:★★★★☆

転職サポート:★★★★★

公式サイト:https://camp.geekjob.jp/

  1. 全くのPC初心者からでもIT企業へ就職、転職したい20代
  2. プログラマー・エンジニアとしてのキャリアを歩みたい人
  3. プログラミングの勉強をしたいが、どうしてよいかわからない人

ブラックIT企業に社畜として使い倒されない「大手IT企業・ホワイトIT企業」で働きたいならGEEK JOBがおすすめです。

f:id:AI-Intelligence:20180219141858p:plain

  1. Cyber Agent 
  2. Silicon Studio
  3. CROOZ
  4. DMM.com Labo
  5. IMJ GROUP

大手、中小を中心としたIT企業へ就職、転職するための場所をGEEK JOBは用意してくれています。未経験からIT企業へ就職したいならGEEK JOBでエンジニアを目指してください!

 一都三県を中心にGeekjobに通学できる方が利用できます

  • GEEK JOB 九段下キャンプ|東京都千代田区九段北1-12-6 守住ビル 5階 ※東京メトロ 東西線/半蔵門線「九段下駅」
  • GEEK JOB 四ツ谷キャンプ|東京都新宿区四谷1-1-2 四谷見附ビルディング 2階 ※JR 総武線/中央線「四ツ谷駅」赤坂口

GEEK JOBは『九段下駅・四ツ谷駅にあるプログラミングスクールに通学する必要あり!』です。

登録はこちら(公式サイト)

GEEK JOBインフラエンジニアコースはこちら

GEEK JOBプログラマーコースはこちら





ニート 悩み
我がライフ