⇨【体験談!】現役就活ニートが就職shopを本音で語る
wagalife.workへようこそ

27歳元ニートが、実体験から就職・再就職する方法を書くブログです

ブログ記事一覧

就職用プログラミングスクールに通いたいニートはどうする?就職用は就職支援 or 就職保証のいづれかがある反面、有料、無料であれ重要なのは現役に近いエンジニアがメンターか?です。

ニート IT企業就職

ニートが就職用にプログラミングスクールを選ぶ時には就職支援 or 就職保証のいづれかがある反面、有料・無料であれ重要なのは“現役に近いエンジニアがメンターか?を大事にしたスクール選び”をしてみてください。

 

教材はある一定量似た内容になりますが、メンターが大学生とか、現役エンジニアじゃないとかなら「メンターは現役に近いエンジニアの方の方がわかりやすいのですが、、、」と各種プログラミングスクールの無料説明会etcで確認することが重要です。

1.就職用プログラミングスクール通いたいニートはどうする?

ニートから就職用にプログラミングスクールを選ぶ時、プログラミング初学者の独学挫折率90%以上である可能性を知る必要があります。挫折して自分にプログラムを書く適正or才能がないと思って足を止めないように学習を加速させ、成長しやすい環境を選ぶことが大事です。

元ニートのSEさんの質問箱で「現役SEで3年以上ITの現場で実務経験、開発経験を持っている人でもスクールでは挫折しづらいし、質問しやすい環境があることがメリット」だと言及しています。

特にこの方の場合はお金を払って有料プログラミングスクールを選んでいるので、現役の技術者であってもスクールで学ぶことの重要性を知っていると言えますね。

元ニートが考える就職用プログラミングスクールを選ぶ時のポイント

日本語を書いてプログラムを勉強するのではなく、コードを書いて勉強をすることを主体的にしているプログラミングスクールを選んだ方が良いです。プログラミングはコードを書いた分だけ成長します。その隣にメンターエンジニアがいるとなおのこと良いです。

スクール卒業→SES(現場経験)→1年働いてエンジニアとしてチーム開発&経験を得る→転職(自社開発or受託orSES継続)が未経験からIT企業を目指す人の1つのルートです。 背景にはエンジニアとして1年以上現場経験があると転職しやすく、また、フリーランスエンジニアとしても働ける素地ができるためです。

*フリーランスは現場経験のないエンジニアはエージェントに現場紹介してもらえないのでフリーランスエンジニアできません。最近だとフリーランスエンジニアに未経験者層を集客する動きが顕著になっていますが、正直ほんとおすすめしません。自社開発IT企業へ未経験からいくことよりも危険です。

自社開発系のIT企業だと90%以上がベンチャー企業で働くことになると考えます。大手企業でも未経験者層を採用していることもあるので、最近の動きだと若い人がSES大嫌いでベンチャーで働く感じが当たり前だと考えて行動すると、痛い目見るかもしれません。確認必須

自社開発系ITベンチャーは「自走する人(自ら学び、成長できて、仕事教えなくても結果が出せる即戦力層)」を欲しがります。ベンチャーは各ステージでほんと金がない場合も多く、ユニコーン企業というか、成功するベンチャーは1%以下なので「どんな人が求められるのか?」をきっちりとリサーチしてみてから検討することが重要です。

最低でもSES、受託、自社開発をしているエンジニアとどうにか知り合って話をすることが大事です。渋谷、東京、六本木あたりならいくらでもエンジニアはいるし勉強会もあるので参加すれば良いだけです。あと、Wantedlyでそれっぽい企業に話を聞きに行くだけでもいい人エンジニアなら対応してくれます。

チーム開発って集団で開発しないとわからないし、課題も見えてきません。巨大なシステム、サービスが動いている中で少しずつチケット切ってリファインする集団の中に入れるのが理想です。

2.IT未経験者を大量採用するIT企業は危ない?知識ゼロのまま現場で経験が積めるわけではない

  1. 一日の間に合わないノルマ分は時間(残業・休出)で取り返します
  2. なんで仕事休むの?薬飲んで無理にでも出社するのが社会人としてのマナーでしょ?
  3. ある程度頑張った人から個人的に声掛けて帰します!(人質)
    私これから3時間会議だから戻るまで待ってて(帰宅できず、、、)
  4. みんなブチギレながら仕事してるし、すごく怖い雰囲気でしかない
  5. よく見る旬の言語が、実は現場では旬の言語では無くなっていたという事実に絶望
  6. 初心者にも分かりやすくプログラミング研修します!と入社したけどわかりにくい
*ブラックの中のブラックなSES現場で働く知り合いからのリアクションです。

もう、自学自習できない人は本当に危ない。上記の文章は知り合いの現場での悲哀をLineで教えてもらいました。ブラックなんだしそろそろ辞めたら?というのが飲み会でよく言う内容です。

あと、気がつくとメインストリームの技術が変わってて新しい技術学ぶためのお金、時間、休みが全然ないとザラです。知り合いの技術力のないやつがすごく辛い日々で苦悩していました。

 

言い方は悪いですが、技術がないから現場で使い倒されます。

 

SESの現場で実力と発言力を持つには、技術と経験を事前に得る必要性があります。

実務未経験からIT企業就職・転職率No.1無料プログラミングスクール:GEEKJOB

 ニートが就職しやすいプログラミングスクールはGEEKJOB

おすすめ度:★★★★★

求人数:★★★★★

使いやすさ:★★★★★

年収アップ率:★★★★☆

IT転職サポート:★★★★★

公式サイトhttps://camp.geekjob.jp/

  1. 全くのPC初心者からでもIT企業へ就職、転職したい20代
  2. プログラマー・エンジニアとしてのキャリアを歩みたい人
  3. プログラミングの勉強をしたいが、どうしてよいかわからない人

ブラックIT企業に社畜にならずに「大手IT企業・ホワイトIT企業」で働きたいならGEEK JOB(ギークジョブ)がおすすめです。

f:id:AI-Intelligence:20180219141858p:plain

  1. Cyber Agent 
  2. Silicon Studio
  3. CROOZ
  4. DMM.com Labo
  5. IMJ GROUP

大手、中小を中心としたIT企業へ就職、転職するための場所をGEEKJOB(ギークジョブ)は用意してくれています。未経験からIT企業へ就職したいならGEEKJOGの社会人転職コース体験会を受けてみてはいかがでしょうか?

 一都三県を中心にGeekjobに通学できる方が利用できます

  • GEEK JOB 九段下キャンプ|東京都千代田区九段北1-12-6 守住ビル 5階 ※東京メトロ 東西線/半蔵門線「九段下駅」
  • GEEK JOB 四ツ谷キャンプ|東京都新宿区四谷1-1-2 四谷見附ビルディング 2階 ※JR 総武線/中央線「四ツ谷駅」赤坂口

*GEEKJOBは『九段下駅・四ツ谷駅にあるプログラミングスクールに通学する必要あり!』です。

Geekjob公式サイトを確認Geekjobインフラエンジニアコースに登録Geekjobプログラマーコースへ登録



①.ニートがIT企業へプログラマー就職・転職する最短ルートはなにか?

プログラミングスクールで学びながら最短ルートを選び、現場を知るエンジニアから学べ!

プログラミングスクールで学んだとしてもIT企業で働くための冒険の書を手に入れた程度ですし、現場で先輩・同僚・自分の学習から学びながら仕事をしていく必要があります。

3ヶ月(100日程度)学習を続けても、現場で与えられる仕事とは全くレベルが違う。にも関わらず多くの人がプログラミングスクールに通うのは現場で働いてたエンジニアから仕事を学びながら、現場inできるように準備したいからです。全くやる気も学習も継続できずになんとなくスクールに通いたいならおすすめできません。行かない方がいいですね。

 

しかし、やる気があるなら違います。

 

現場で集団開発の経験をもつエンジニアからスクールで学びながら、実務未経験から仕事を通じて成長をしつつ、転職を検討しながら年収アップを狙う。このステップがニートがIT企業に就職、転職するときに必要な姿勢です。

公式サイトhttps://camp.geekjob.jp/

②.スクールを経由しないと契約社員スタートもありえる・・・汗

最終的に月給が20〜25万くらいもらえるなら、契約社員スタートもあり!

プログラミングスクールを経由しない就職活動をすると、どうしても成長性・将来性からポテンシャル採用になりやすいので、人によっては契約社員から採用されて半年働き正社員へ!というパターンが多いのが実情です。半年後に月給がそれなりに高いのならおすすめですが、月給18万とかに落ち着くのならその選択は微妙です。

安く買い叩かれるくらいなら、しっかり学んでIT企業へ自分を売り込む。

この姿勢を中心に動き回った方が、最終的な技術的成長率、エンジニアとしての数年後の成長性などが高くなると考えています。

 

結局、どこかでガッチリと学ばないといけない瞬間はきます。

 

その時が企業に契約社員採用されて現場で自学自習 or プログラミングスクールで3ヶ月以上じっくりと学んで現場で少しずつ実務経験を得ていくのかの違いでしかないので、どこに学びの期間を置くのか?というのが重要な視点ですね。

中途半端に学びの瞬間を後回しにすると、後々大変になるのはあなたです

公式サイトhttps://camp.geekjob.jp/

③.IT企業の実務経験・実務未経験の意味とは?

IT企業の実務経験は読んで字のごとく「実務(実際の仕事)の経験」です。

プログラマー・エンジニアが就職・転職市場で主に評価されるのは実務経験(現場で働いた)の年数です。ニートからIT企業に入社する場合は、技術云々以前に現場で働いた経験なんてゼロなので、そもそも辛いんですよね。だから実務レベルに沿った集団開発の経験を得られるプログラミングスクールとかを選んだ方が懸命です。

我がライフ
我がライフ

できる限り早く"現場に近い経験"を土台に成長できる選択をするのが一番就職に近いです

公式サイトhttps://camp.geekjob.jp/

ニートIT企業就活のTo Doリスト|あれ...結局何をすればいいんだっけ?と疑問に感じた方へ

 ニートが就職しやすいプログラミングスクールはGEEKJOB

おすすめ度:★★★★★

求人数:★★★★★

使いやすさ:★★★★★

年収アップ率:★★★★☆

IT転職サポート:★★★★★

公式サイトhttps://camp.geekjob.jp/

我がライフ
我がライフ

ニートがIT企業へ就職する時に大事な点は「学びの期間」を作ること。プログラミングスクールで学びながら最短ルートを選び、現場を知るエンジニアから学びましょう!

Geekjob公式サイトを確認Geekjobインフラエンジニアコースに登録Geekjobプログラマーコースへ登録



Geek Job

GeekJobは未経験からIT企業で働きたいニートに就職・転職支援をする無料プログラミングスクールです。
エンジニア・プログラマーになりたいけど行動してないニートは一度行くと無料体験会に参加すると適正がわかります。
GEEKJOB公式サイトへ登録GEEKJOBの詳細はこちら

ニート IT企業就職
我がライフ