就職Shopはオンライン面談・電話面談できます!

ニートが正社員未経験募集の会社に内定する方法とは?会社勤めの経験がほぼない元ニートが実践してみたらうまくいった!

ニートが正社員未経験募集の会社に内定する方法とは?会社勤めの経験がほぼない元ニートが実践してみたらうまくいった!ニートの就職術
我がライフ
我がライフ

ニートが正社員未経験募集の会社を探す時には求人サイト・ハローワーク・エージェントに頼るなどが主な方法です。

かぼちゃくん
かぼちゃくん

しかし、正社員募集の仕事を探してもよい会社が見つからない・・・

我がライフ
我がライフ

その場合は誰かに頼りながら就活をすることを元ニートとしておすすめします。

 

具体的には就職エージェント経由で正社員未経験募集の会社探しを手伝ってもらいます。

令和3年ニートが社会復帰するならキャリアスタート
月給25万以上の会社
に転職
年収300万以上
を目指せる
保有求人の95%
が正社員募集
ニートの内定率80%以上
ニートの書類通過率87%以上
ニートの苦手な面接対策無制限
内定獲得まで無料就業サポート
キャリアスタート

いま1番おすすめの転職エージェントです

【フリーター・ニート特化】キャリアスタートの登録はこちら

我がライフ
我がライフ

僕が平成ニート就職したのは

就職Shopだから興味あれば読んでみて!

【実際に利用済み・就職済み】27歳でニート再就職した就職shopの評判まとめ

1.ニートの就活ポイントは3つ

現役ニート27歳から就活をして感じたのは、良い会社を探し、書類選考に通過し、面接を突破することができれば正社員内定はもらえる点です。

*面接を通り抜ければ正社員内定

ニートはこの3つの就活ポイントを1つずつクリアしていく必要がありますが、ホワイトな職場とかわからないし、書類選考で落とされるし、面接対策なんてぜんぜんしたことがない・・・

 

僕もこれらのまったくダメな状態からニート就活をスタートしましたが、就活を続けて感じたのはひとりではぜんぜんうまくいくわけがないという事実です。

 

特に!

 

特にニートの難しい課題は「面接対策

 

1次面接で落とされまくるのはニートは当たり前の経験です。

 

ゆえにニートは就活を面接からスタートして面接対策をしっかりしながら人物重視で採用してくれる会社に就活すれば良いのです。

ニートで就活するときに採用する気が強い会社だけ面接を受けられれば、書類選考も通りやすいし面接もうまくいくだろうな…と思っていましたよ・・・汗

 

だからこそ、ニートは面接から就活を始めることで正社員未経験募集の会社へ内定しやすくなります。

2.元ニートが面接から就活を始めた方法

ニートが面接から就活を始める方法は就職エージェントを活用することです。

求人サイトで良い会社を探したりするコストや、面接を受けたけど1次で落ちまくってお金が無駄にかかるコストを考えるとエージェントと就職相談をして決めた会社から就活スタートすることが一番良いと感じています。

 

僕が利用した就職Shopでは、初回の就職面談をしたあとには今後受ける企業の面談の日程をセッティングしてくれるので、下手に自分で求人サイトの膨大な会社のなかから良い会社を探す手間をかけるよりもコスパが良いです。

 

反面、自分で会社を探したい。良い企業を選んでみたいと感じる人もいますよね?

 

そう強く感じる人は自ら企業探しをしてほしいです。

しかし、元ニートの意見から言えば自分で良い会社探しをするにもホワイトな会社の条件なんて1つもわからない。それがニートを続けた人の大きな特徴だと思います。

 

新卒で働いてた人ですらブラックだ、自分には合わない職場だと3人に1人が転職する時代にあえて自分なりの企業選びをする時間とお金が僕にはありませんでした。

 

僕はニートだったので、失敗して下手なブラック企業で働くような結果になったらいやでいやでしょうがなかったです。

 

そのためこの記事では自分で真剣に就活しつつ、しっかりとエージェントに正社員未経験募集の会社を中心に選んでもらいながら手伝ってもらう選択を推しています。

3.ニートは面接対策に最も注力しないとダメな理由

ニートが最も時間をかけるべきポイントは、面接対策です。

就職shopのエージェントとニート就活を始めたら面接から就活がスタートし、エージェントに面接対策をしてもらいながらしっかりと良い方向に進めます。

 

ニートが就活していて落ちるのは書類選考or面接ですが、ほぼほぼ90%近くの割合で面接に注力せずに勢いで企業選びをし、なんとなく内定をもらおうとしているから落ちます。

僕の事例では適当に企業から内定をもらおうと思っていましたが、ほぼ全滅。何1つうまくいきませんでした。

 

ニートが就活をはじめてみてようやく、面接の対策が最もウェイトのかかるポイントだと気づきます。

 

それまでは良い会社を見つけたい。給料はしっかりとしたところが良い。土日は休みで年間休日120日以上など色々と条件を考えて企業選びをしますが、そもそもそれは行動する前の話です。

面接を受ける段階になれば企業側とのミスマッチで1次面接から落とされまくる。書類選考すら通らないなんて当たり前に起きます。

 

だからこそ

 

ニートは面接から就活を始めて、面接対策にめちゃくちゃ力を注ぐ必要性があります。

面接を続けてみてわかる本当に求めている企業の条件

企業面接にめちゃくちゃ落ちてわかったのは、面接を受けてみないと自分が本当に求めている企業に就職する上での最低限の条件がわからないことです。

 

え、、、??

 

月給20万以上&週休完全2日(年間休日120日以上)&社保完備でホワイト企業でしょ?とはてな顔の人も多いかもしれませんが面接を受けてある程度の企業と関わってみないと自分が本来的に何が就職する上でいやなのかがわかりません。

 

  1. めっちゃくちゃ休みないとだめ。給料はまぁ手取りで15以上あればよし
  2. 休みはまぁ少なくてもいいけど、残業入れて手取り20超えないと働きたくない
  3. 社保完備でボーナスが年2回はないと働きたくない。無理

僕は1番で、休みがしっかりと取れないと無理でした。

別に手取りは今後転職するから1年目はしょうがないくらいに考えてましたね。

 

ここら辺の本当に自分が求める就職の条件は、行動しないと明確になりません。

 

ニートが就活で正社員で働きたいと強く感じるなら、面接を受けながら自分の就職の条件を明確にしつつ、良い職場で働くための企業探しをする必要があると強くおすすめします。

 

特に、下手な面接を重ねるよりも面接対策を練習しながら良い経験を重ねることが重要です。