DODAで1社内定後に就職shopで転職活動すべき?大学卒業後に1年就職浪人を経て前職2ヶ月で退職(短期離職)、社会人経験は約2ヶ月半。SE・PG職の未経験採用&OJTに不安がありもう少し就職shopで転職活動をした方が良いのか不安な方。

就職shop

【PR】就職shopの公式情報





【場所】就職Shop東京 ・新宿 ・銀座 ・西東京 ・横浜 ・千葉 ・埼玉 ・大阪 ・神戸 ・京都にあります。

【内定】エージェントが紹介した求人内容と相性が良い会社と出会えた人就職Shopで内定した事実が1年の調査で判明【期間:2018年6月〜2019年10月】

就職Shopの公式サイトを見る


我がライフ
我がライフ

就職Shop:20代で求人探しに困ってるなら相談!

東京しごとセンター:専任アドバイザーが第三者の意見をくれる

ハローワーク:鉄板で使わない人がいない

 

本文を読む前に、知っておいてほしい3点です!

 

あと、我がライフが23歳から4年ニートの三十路間近で就職成功した体験談はこちら!


就職shopとDODAで転職活動中の女性24歳から質問を受けました。

質問内容を分解すると、、、

  1. 大学卒業後に1年就職浪人を経て、今年の4月にIT系入社したが2ヶ月で退職
  2. 実質的な社会人経験は「2ヶ月半」で今年の4月〜6月の間しか働いていない
  3. ほぼ未経験で前職と同じくSE・PGの技術職で仕事を探している段階
  4. DODAから1社内定が出ていて待遇に不満なし。未経験のためOJTに不安あり
  5. 自分には就職shopの方が適しているかもしれないと感じている
  6. しかし、DODAから内定している企業の内定返答期限も迫って焦っている

という状態で、大別すると「前職を2ヶ月で退職しているためにDODA内定IT企業に未経験採用されるので、不安を感じている段階」だと私は考えました。

 

Twitterでも一度お答えしましたが「一歩行動できていない理由として、未経験からIT企業へ再度就職することが、果たして正解なのか?」と考えているために「就職shopでもう一度転職活動をした方が良いかもしれない?と感じている」ように見受けれます。

1.質問箱での疑問をTwitterで答えた際の事例

2.1日経ってから質問者の考えを再度熟考したあとの回答

今回の質問の根幹は「DODAで1社内定後に就職shopで転職活動すべき?けれど、不安もある。」というもの。

この悩みは言いかえれば、今回の質問者さんが前職を2ヶ月でIT系の会社を短期離職した事実が争点になっていて「技術力がないまま未経験でIT企業へ就職する20代前半の女性の方」がどうやって良い会社で働くための指針。もしくは考え方を得れば良いのか?という課題につながると考えました。

 

DODAですでに内定が出ている点からも「面接などでIT適正がない人とは判断されていないし、前職を2ヶ月短期離職しているけれど、内定通知をいただける優秀な方」だと判断できます。

反面、未経験で技術力に不安があり、OJTとはいきなり仕事に取り掛かるのは少し不安。という気持ちがあるのも事実だと仮定しました。あくまで、僕の判断です。

 

その事実から考えるに、もし、年内就職をそこまで急いでおらず、時間に余裕が少しでもあるなら「一度ハローワークの職業訓練+求職者支援制度(10万/月の給付金あり)でIT系技術の職業訓練を半年ばかり受けてみて、来年の4〜6月に再度就職活動をしてみる」のも手の1つです。

 

24歳という年齢上、半年の学習期間を設定するのは怖いかもしれませんが、下手にブラック企業で使い倒される可能性を考慮しても一度じっくりと技術を学ぶ期間を作ってみるのも1つの手かもしれません。と僕は考えました。

3.もう1つの疑問はDODAで内定出たけど、就職shopで転職活動続けようかな?というもの

もう1つの質問者さんの文章上の疑問は、就職shopで転職活動続けようか迷う。というものでした。

この考えがあるために、ハローワークなどの職業訓練を受ける選択に変えてみては?と思いました。

いまある転職のルートとしては、、、

  1. DODAで内定したOJT有りの未経験採用企業へ就職する
  2. 就職shopでもう少し転職活動する(DODAの内定連絡期限間近)
  3. ハローワークの職業訓練で半年間学び、その後本格的に転活

の3つがあると現段階では判断しています。

どの選択が最も正しいかは本人に決めてもらうほかありませんが「IT企業経験者としては、現場で最低限の仕事(バリデーションなど)を振られることもなく、テスターなどでコードを書く仕事ですらないコピペ作業を延々とやらされる可能性がある」なら、一度熟考してほしいなと。

 

要は、就職先で全く研修が現場でモノにならず、そのままもう一度前回のように短期離職する可能性があるとすごくもったいないな。と僕は思います。また、DODAを通じて就職先の仕事内容、現場でどんな仕事をするのか?など、細かい部分をお互い理解しながらなら、内定受託も良いかもしれない。と思いますね。

 

結論、このお話の争点は「技術力がないままにIT企業で働くなら、現場で最低限の仕事を振ってもらえる企業で働けるのか?入社する社員の未来を考えた仕事先を選んでいるのか?」を一度内定先とお話する機会を作ってみてほしいなと考えます。

 

もし、なんか違うな、、、と感じるようなら、引き続き就職shopで転職活動orハロワ職業訓練など受けてみてはいかがでしょうか?応援しています!!

追記|一回の面接内定→会社見学が”面接+適性試験”→即日内定通知→けれど履歴書を内定通知後に提出する会社は、入るべき?

質問箱の続きの質問をいただきました。


という具合で、正直、危ない会社をDODAは20代前半の女性に紹介してるんだな…と感じました。

  1. DODAで内定したOJT有りの未経験採用企業へ就職する
  2. 就職shopでもう少し転職活動する(DODAの内定連絡期限間近)
  3. ハローワークの職業訓練で半年間学び、その後本格的に転活

前日まではDODAで働く可能性も視野に入れた就職ルートを考慮しましたが、正直、微妙ですよ。

 

なので、、、

  1. 就職shopでしっかりとした会社へ転職活動する
  2. ウズウズキャリア(20代第二新卒専門)で転職活動をする
  3. ハローワークの職業訓練で半年間学び、その後本格的に転活

こちらのいづれかに行動指針を変更することを強くお勧めします。あえて危険地帯に足を踏み込む必要性はないですし、就職shop・ウズウズキャリアで年明け就職あたりを狙って行動してほしいなと思います。

こういった意見もあるので、利用するエージェント変更が妥当だと考えますよ。応援しています!

UZUZ(ウズキャリ)は第二新卒・既卒・フリーター・ニート専門エージェント

UZUZ|ウズウズキャリアは第二新卒・既卒・フリーター・ニート専門就職支援エージェントです。

  1. 入社1年後の“職場定着率が94.7%”(1年の間に退職した人がすごく少ない)
  2. 20時間に及ぶ丁寧でしっかりとした就活サポートをオーダーメイド
  3. 社員が“元既卒”or”元第二新卒”で転職活動の辛さ、苦しさを共感してくれる
  4. メディア掲載数も44媒体と良質なエージェントとして有名になりつつある
  5. ブラック企業対策|5,000名以上の第二新卒の方との面談を通じて作り上げた独自のブラック企業データベースで行う

就活、転職活動を続けていて辛く苦しいのは「既卒、第二新卒、ニート、フリーターだけど、誰に相談していいかわからないし、どうやってブラックな会社、企業から身を守れば良いのかわからない」など、転職活動の方法が全く見当がつかず、行動できなくなることです。

 

就活、転職活動に迷っているなら、ウズウズキャリアで一度無料相談してみてください。

ウズキャリの詳細を確認する
ウズキャリ公式サイトに登録する