就職shopを20代後半が使ったら正社員内定できる?|できる人もいれば、できない人もいるのが真実…!1つの選択肢として利用するのが懸命だよ

就職shop

【PR】就職shopの公式情報





【場所】就職Shop東京 ・新宿 ・銀座 ・西東京 ・横浜 ・千葉 ・埼玉 ・大阪 ・神戸 ・京都にあります。

【内定】エージェントが紹介した求人内容と相性が良い会社と出会えた人就職Shopで内定した事実が1年の調査で判明【期間:2018年6月〜2019年10月】

就職Shopの公式サイトを見る


我がライフ
我がライフ

就職Shop:20代で求人探しに困ってるなら相談!

東京しごとセンター:専任アドバイザーが第三者の意見をくれる

ハローワーク:鉄板で使わない人がいない

 

本文を読む前に、知っておいてほしい3点です!

 

あと、我がライフが23歳から4年ニートの三十路間近で就職成功した体験談はこちら!

我がライフ
我がライフ

就職shopを20代後半が利用するときは、次の3点を知っておくと良いですよ!

  1. 3つのポイント!職歴が長くブランク(空白期間)が長いと求人が紹介されずらい
  2. アルバイト・派遣・契約などで直近の職歴がある人は内定を得やすい
  3. 【大事】希望する職種が明確なら求人サイトで探したほうが良い
ブランク(空白期間)が長いなら、アルバイトなど直近の職歴を作ることから動き始めると、エージェントから良い求人を紹介してもらいやすいですよ。

就職shopを20代後半から利用して正社員になれない?

我がライフ
我がライフ

マシュマロさんはハローワーク、ジョブカフェ、就職shopと利用しながら正社員採用を目指している状況です。

結論から言えば「エージェントだけで正社員内定を目指すのはコスパが悪く、運がよく良い求人と出会えて、履歴書添削、面接対策をして企業面談(就職shop経由)を突破すれば、いける!」ということですね。

エージェントから提示された求人が自分の想定している労働条件ではないこともありえますし、まずは最初の1ヶ月をエージェント経由で企業面談まで持っていけると良いかな!と感じました。

ゆっくりと求人サイトで会社探しをしていると時間ばかりがかかってしまって「気づいたら1ヶ月2ヶ月経過していて、あれ、結局なにをどうしたら正社員になれるの?」と迷走しがちです。

我がライフ
我がライフ

就職shopだけでうまくいくと考えずに、まずは利用してみる。

その後に、ハロワ、ジョブカフェを利用しながら「20代後半からでも狙える職種、仕事を徹底的に探していく」のが王道だと感じました。

人によっては就職shopで正社員内定する人もいますから、うまくいかないとは言えません。

こればっかりは運次第、あなた次第という具合ですね。

就職shopの評判を知りたい人はこちら!

就職Shopの公式サイトを見る

就職活動には「お金」がかかるからアルバイトはしておくといい!

当たり前すぎるので、当たり前すぎるんですが「履歴書を100均で買うorWebで完結させてコピーする」にしても、やっぱりお金がかかります。

何をするにしてもお金はかかるから、最初の1ヶ月は就職shop、ハロワ、ジョブカフェに登録しながら相談しつつ「アルバイトでいいから月5万、10万を稼いでみる」という目標を立ててみるといいかもしれません。

月10万稼ぐには時給1000円x5hx20日なので、働くことに対する説得力ありますよね

質問者さんのブランク(社会人になってからの職歴の空白状況)によりますけども、やっぱり自分で働いてお金を得て、そのお金で就職活動をしているというのは、1つのネタになります。

我がライフ
我がライフ

当たり前すぎるけど、ブランクが長すぎる場合は1つの手にしてみるといいですよ!!

就職Shopの公式サイトを見る

職歴なしブランク2年28歳女性(20代後半)の課題と担当者問題

参照リンク|就職shopを女性が利用した時の効果的な利用方法

我がライフ
我がライフ

参照記事はこちら!

就職shopを20代後半が使ったら正社員内定できるか?

その点に言えば「数年間のブランク(空白期間)がある場合は、担当者次第で難しい、もしくは非正規から採用されてその後正社員を目指してみては?」と就職shopの場合は言われやすいです。

直前まで非正規orアルバイトorフリーターなど「働いていた職務経歴があり、社会人として継続的に働けることが目に見えてわかっている」ならエージェントも前向きに検討してくれると考えます。

反面、求人紹介はしてもらえなくても「エージェントを通じた模擬面接、企業面談、履歴書の添削」など他のメリットを利用しつつ、他の就職支援を頼った方がより懸命だとも思います。

就職Shopの公式サイトを見る

就職shopは担当者次第なところが大きい

「営業、サービス業、IT」は相談者があまり職種の方向性を決めていない場合はおすすめされやすい傾向にあります。そうなると、言い方次第ですけど「サービス業orITしかないないのかー(唖然」と相談したあなたは受け取ってしまうこともあるわけです。

エージェントも打ち出の小槌じゃないので「全く白紙のまま行って、あなたの求める適正を一発で見抜いてうまいこと色んな職業を教えてくれて全部ホワイトでラッキー!」みたいなことはできないんですよね。

担当者と「関係性」をうまく作るためにも「自分がどんな仕事をしたいのか?を予習しておいてスマホなりにメモしていく」と、少しずつですけど良い関係性が構築できるかな?と思います。

就職Shopの公式サイトを見る

【大成功】就職Shopは20代後半ニートの正社員内定事例

男性、女性関係なく就職Shopで内定はしているので、本当に人次第です。

人次第という意味は、、、

  1. アルバイトor契約社員などで働いている
  2. 営業/IT/事務などの仕事を就職shopで探した
  3. 適当な気持ちではなく真剣に職探しをしている

などの前提を持って仕事探しをしている人たちは「内定」を得ている傾向があります。

我がライフ
我がライフ

職歴があるかないかで企業側の対応は相当違ってきます。

今回の2人の内定がある人、ない人の差は「職歴」が大きいんですよね。

アルバイト・契約・派遣なんでもいいから「働いていた経歴があること」は大きいです。

もし、いま正社員を目指している20代で職歴が少しでもあるなら、

就職Shopを利用して就活し、正社員内定を目指すのは良いと思いますよ!

就職Shopの公式サイトを見る

就職Shopが使える年齢は20代メイン

我がライフ
我がライフ

就職Shopが使える年齢は29歳までで、20代メインのエージェントです。

就職Shopを20代前半の年齢層が使う場合

就職Shopを20代前半(20〜25歳)が使う場合、

未経験から成長しやすい点で企業から採用されやすい傾向が高いです。

反面、営業職でインセンティブありきの歩合給がメインの仕事は選ばないほうがいいです。

就職Shopを20代後半の年齢層が使う場合

就職Shopを20代後半(26〜29歳)が使う場合、

全く職歴がない場合は時間をかけて良い求人を提供してもらえる努力が必要です。

エージェントも全く職歴がないと企業に紹介しづらいんですよね。

就職Shopの公式サイトを見る