就職shopに女性が相談した時の効果的な利用法!!職歴なし、ブランク2年の28歳女性が就職shopを上手に活用するには?

就職shop

【PR】就職shopの公式情報





【場所】就職Shop東京 ・新宿 ・銀座 ・西東京 ・横浜 ・千葉 ・埼玉 ・大阪 ・神戸 ・京都にあります。

【内定】エージェントが紹介した求人内容と相性が良い会社と出会えた人就職Shopで内定した事実が1年の調査で判明【期間:2018年6月〜2019年10月】

就職Shopの公式サイトを見る


我がライフ
我がライフ

就職Shop:20代で求人探しに困ってるなら相談!

東京しごとセンター:専任アドバイザーが第三者の意見をくれる

ハローワーク:鉄板で使わない人がいない

 

本文を読む前に、知っておいてほしい3点です!

 

あと、我がライフが23歳から4年ニートの三十路間近で就職成功した体験談はこちら!

我がライフ
我がライフ

職歴なし、ブランク2年の28歳女性が就職shopを上手に活用する利用方法を書きます。

結論|ジョブカフェ+エージェントが最初のスタートライン

我がライフ
我がライフ

各県のジョブカフェにアクセスしたい場合はお手持ちのスマホから「ジョブカフェ」とググるとあなたが住んでいる近くのジョブカフェが検索結果に出てきます。

2018年〜2019年の間で「ジョブカフェ+1エージェント(就職shop)」を利用して内定を得た既卒第二新卒の人たち(ニート含む)が10人以上います。

そこで得た口コミを前提に既卒、第二新卒、ニートが就活を始めるなら、、、

  1. ジョブカフェ|公共の就職支援施設
  2. エージェント(就職shop)|就職獲得に特化をした営利型の就職支援施設

の2つを利用した方がより良い会社探しに繋がると強く感じて、今回はお伝えしています。

我がライフ
我がライフ

相談者さんは就職shopを利用しているので、ジョブカフェも利用しながら行動して欲しいです。

1.就職shopは未経験職種okニートでも大丈夫!と言われたけど…汗

就職shopがメインターゲットにしている求職者は「20代前半〜20代後半(ギリギリ29歳)」です。

背景には「就職shopを仲介して企業へ紹介した時に得られる収益」で就職shop本体が運営されているため、20代で若ければ若いほどに「会社が求める人材になり得る」ので就職成功率が上がります。

確かに、未経験職種、ニートでも対応はしています。

しかし、女性、男性に限らず30歳に近い場合はいきなり正社員採用ではなく派遣社員を経て正社員へ採用されるなどのルートをエージェント側は提示しやすくなるのも事実です。その点を理解しておくと、良いかなと。

就職shopを使った人たちの評判はこちら!

・28歳女性が正社員採用されるにはどうしたらいいか?

基本的な方向性は「ジョブカフェ+1エージェント」で自分が働きたい職種での採用を狙うことです。

大前提として、エージェントだけを利用して正社員枠を簡単に得られると思うと、必要以上に時間、お金などのコストがかかって年齢がより30歳に近づいて採用されづらくなると考えます。

企業側が求人を出す場合、求人内容に適した人材を中心に採用します。

ジョブカフェ、エージェント(就職shop)を利用しながら「自分の働きたい方向性+会社が求める求人象」を探しながら少しずつ行動した方が賢明です。

・ジョブカフェは20代人材を欲しがる傾向にある

ジョブカフェでは「合同企業説明会」を開催しているので、その会社群の中から28歳〜来年の29歳までに就職をしやすい、もしくは就職したいと思える会社を探してほしいです。

時間をかけるというよりかは、まずは正社員採用の枠の立ち位置(ポジション)を獲得した方がいいかなと。

そこから自分にとって欲しい「労働条件」を持つ職場を目指してみるのもおすすめです。

2.ブランク期間が2年の28歳女性が狙うべき職種は?

女性がどの職種を狙いやすいか?という視点もあるかもしれませんが、大事なのは継続的に就業できる場所を選ぶことです。

例えば、僕がいま相談者さんと同じ立ち位置なら「営業職(法人営業+ルート営業+新規開拓なし)」で人手が足りずに困っている会社を狙います。

社会は「需要と供給」で成り立っているので、人手が足らない会社を探すのは良いかなと。

女性視点なら、派遣で事務職の経験を積んでみて、その後に営業事務など専門的な事務職を狙うといいかもです。

・医療事務、一般事務はあまりおすすめできない…汗

医療事務の友人Aは朝から晩まで働いてめちゃくちゃ忙しいですし、学生自体の印象は女性らしい感じでしたけど、今は完全に男らしいというか、まあ、忙しいとそうなるよね、という印象です。

元々は経理事務を担当していて結婚して一般事務に転職した友人Bは「給料っていうか、手取りが少なくて辛い」とこぼすくらいですから、医療事務、一般事務をメインの職場にするのはちょっと違うかなと。

反面、、、

事務職は傾向として人気職種(その割に薄給)なんですが、一般事務を派遣経由で経験しながら他の専門的な事務にジョブチェンジしていくのは良いと考えます。

一般事務(派遣)→ 専門性のある事務(正社員)というイメージです。

3.正社員での採用をお願いしたいけど、無理なのか?

正社員採用自体の枠、というか求人はあるかもしれませんが、現状では恐らく2〜3つ程度しか提示されないと思います。

その少ない枠の中で仕事先をすぐに決めるのはリスクが大きいですし、あまり良い選択とは言えません。

正社員採用を軸にした求人はお願いできるけど、あまり数がなく、自分でも探す必要があります。

・就職shopはそこまで多くの求人を紹介してくれないのか?

1エージェントあたりが提供してくる求人は多くて10〜20社です。

就職shopの場合は、およそ5〜10社ほど提示してくれる傾向があるんですが、現状の年齢感だとあまり多くの求人は提示してくれていないように見受けられます。

その点から考えても中途半端に就職shopに依存するのではなく、あくまで利用しながらジョブカフェ、ハロワなど他の選択肢も利用していく選択が適切かなと。

4.面接時の担当者との価値観の違いがあるときはどうする?

会社と同じで相性が合う、合わないというのは往々にしてあります。

その時は距離をとって、他の場所を利用した方がいいかなと。

僕はエージェントもピンキリだと思っていて、人によって合う、合わないが生じるのは仕方ないと思います。

損切りというか、いつまでも現状が回復しないようなら他の場所を利用した方が賢明です。