就職shopは評判が悪い?12人の就職shop利用者の方の口コミまとめました!!
wagalife.workへようこそ

就職shopで正社員になれたのでブログ書いています。

ブログ記事一覧

【書評】ニートが知るべき第四次産業革命とその可能性|激変する現代、四次元世界、Old Nature、Digital Nature、人間とは何か?再定義される21世紀を生きる

【書評】ニートが知るべき第四次産業革命とその可能性|激変する現代、四次元世界、Old Nature、Digital Nature、人間とは何か?再定義される21世紀を生きる ニート 悩み
我がライフ
我がライフ

第四次産業革命は刻々とその変化を現実世界に与えている…

かぼちゃくん
かぼちゃくん

けれど、緩やかに変化しながら気づいたら世界線が変わるからよくわからん世界感・・・

我がライフ
我がライフ

ニートが知るべき第四次産業革命の定義とその意味について書いていく。

今回の内容は「第四次産業革命を生き抜く|ダボス会議が予測する混乱とチャンス」に関する書評、感想が主に書かれています。

1.ちょいその前に…。我がライフが最近読んだ本は18冊くらい

世界経済フォーラムとその創設者クラウス・シュワブの著作である「第四時次産業革命を生き抜く」は2019年に入って読んだ本の中で極めて「未来とその洞察を含む内容、知識、予測」が含まれている良い本だったと強く感じています。

直近で読んだ本は、、、

生産性」「ティール組織」「武器になる哲学」「宇宙の覇者 ベゾスvsマスク」「0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる人と育てる人のための教科書by落合陽一」「バイオ・ハッキング」「マッキンゼーが予測する未来」「宇宙へようこそ 宇宙物理学をめぐる旅」「右脳思考」「人類との遭遇 はじめて知るヒト誕生のドラマ」「ビジネスに効く!教養として身に付けたいテクノロジー Technologies you should know to create future」「脱近代宣言 by落合、上妻、清水」「アントファイナンシャル」「cis本」「これから世界を作る仲間たちへ」「トランス・ヒューマニズム」「第四次産業革命を生き抜く」「LIFE SHIFT」|総計18冊.順不同
我がライフ
我がライフ

最近は「哲学、東洋思想あたりの本」を重点的に学んだ方がファンダメンタルズ高めだよなと感じている次第。多分、正解。

という具合で最近の新しい考え、知識アプデしてないような気がするから本を読んでいたりするんだけど、まあ、おおよそ方向性としては「落合ism系の本」と「第四次産業革命系の本」「ビジネスに効く!教養として身に付けたいテクノロジー」あたりを読んでおけば薄皮の上層レイヤーに対する理解は難しく無いのかな、という感じの所感具合です。

なぜなら、2016年のMetapsの佐藤さんが出した「未来を先回りするための思考法」でも書かれているように時代を大きく動かす要因は「技術」によるところが大きいため。技術、科学、化学に精通したビジネスレイヤーにいるトップパフォーマーの著作(本)は読んどいて損はなし。

我がライフ
我がライフ

時代における自然状態を大きくさせるのは技術だよね。という話。

あと、落合陽一さんが書いた脱近代宣言を読んでようやく「20世紀まではOld Natureで、21世紀はDigital Nature」みたいな世界観なのか・・・とか理解できたアーリーアダプター的立ち位置 me to な状態だから、まあレイトマジョリティ的にTVショーやらTwitterの扇動的あれな情報に踊らされない程度の前提知識はインストしとかんとあれやんな辛いやん。という感じはある。

さて、本題です。

2.第四次産業革命とは何か?に関する共通認識形成

第四次産業革命、それは私たちが暮らす社会のシステムで日々さりげなく進行している変化、間近に迫った変化をまとめて指すものである。

第四次産業革命 P21より参照

と、本書では記述されており、まあ、何言ってんの?という感じではある。しかし、革命期とは1つの大きな出来事が時代を大きく変革させた文字通りの革命ではなく、日々少しずつ変容していく現実こそ第四次産業革命の体現なのだとなんとなく感じている。

我がライフなりの21世紀に生じている第四次産業革命は「20世紀の電化した世界」から「21世紀のインターネット化した世界」への大きな変化だと言えると理解しています。

今までの私たちの世界はIoT(インターネットオブシングス)ICT(情報通信技術)など存在せずにいた世界。けれども、21世紀は全ての「この世に存在するモノ、つまりオブジェクト」が有機的、電気的、インターネット的に繋がり合う世界に移行します。

更に言えば、人間すらもオブジェクトであり、人間それ自体の定義や、世界それ自体の定義もニューテクノロジー、ニューロテクノロジー、AI、AR/VR/MR:XRによって変化すると考えておいて良いでしょう。10年前とこれからの10年は、もはやまた違う常識が形になる世界だと言えます。

3.産業のインターネット化、世界のインターネット化、電脳化レイヤー

21世紀の世界観を検討するときにもっぱら今後話題になるのは「20世紀までのOld Nature(物理的な現実世界の自然状態)」から「21世紀のDigital Nature(計算機自然による現実世界の皮膜)」の2つのレイヤーが重なり合う形で実存していく世界の「変化」だと考えます。

その変化は人間社会において農耕が生じた紀元前1万〜1万1000年前とは比較にならないラディカルさを持ちながらも、ゆるやかに、けれども着々と現実世界にDigital Natureを浸透させていく過程になると考えています。Facebook社はVRは新たなコミュニケーションの形だとも言ってますし、現実を選ぶ、お金を選ぶ、自分自身を選ぶなんて世界にもなるのでしょうね。あと100年で。

 

世界のインターネット化、そして、電脳化。

 

これが21世紀に起こりうる事象の上澄みをなんとなくいい表す言葉になりそうな気がします。

・極めて凡庸だが、おそらくこんな未来がやってくる

我がライフ
我がライフ

正直、21世紀の期間の中で人間の定義は変わり、働くことそれ自体も難しくなるだろうな。と

21世紀を超えて22世紀になれば車を運転するのは文化であり、自分で運転してたの???なんて言われる時代に到達してしまうでしょう。更に言えば、人間が意味もなく働く時代それ自体も疑問視されるような、本質的に人間が世界にどんな価値を与えればいいのか考える時代になるでしょうね。

4.読んでみて学んだこと

20世紀の世界の電化から21世紀の電脳化、産業のインターネット化、全てがIoTオブジェクト化しながらIcTとの連なりに扱われる「オブジェクト」になり得る。人間それ自体も情報世界ではオブジェクト単位であり、誰もが持つスマホを軸に「各人の人間情報」を取得されながら、人間とは何かをAI、量子コンピューティング、ビッグデータが読み解いてく。
我がライフ
我がライフ

現実の解像度について

トップブランドが最近自分自身が持つブランドの「本質、そもそもどんなブランドか?」を明確に打ち出す店舗を打ち出すことが多くなることからも、現実の解像度自体が揺らぎ始めているように思える。

情報が増えれば増えるほどに「取得すべき情報単位」をユーザー側が一意に、かつ、能動的に取得していく現代においては「自分たちの存在証明」を強く表現し、現実それ自体に表出させなければならないとすら感じる。

まるで、Web世界、仮想現実世界、情報世界と呼び方は何でも良いが私たちの生活に染み込み始めている情報世界が現実を揺らぎの中に存在させているが故に、現実での存在強度を高めなければならないようだ。

我がライフ
我がライフ

現実世界の情報非対称性について

現実の情報は一意に機械、言い換えればスマホなど取得され続けていくがその過程においても表出する「非対称性」とは、人間それ自体がなぜ世界に現存し、そして体現しているのかを形にするための考え方に他ならない。

全ての試行による結果は全て代替可能性を持ち合わせている以上、その行動の過程にしか「有意な差別化要因」が存在しないとすら感じる。

 

人間本位。

なぜ人間が人間として人間であるかを検討するしか、そもそもの未来は存在しない。

 

機械との競争ではなく、最後の最後まで自分自身という人間自体が「なぜこの世界に体現し、存在し、生存し、生きているのか?」その理由を強く打ち出すことこそ「現実世界における自己存在解像度を高める唯一解」だと考える。

我がライフ
我がライフ

20世紀の電化、21世紀の電脳化について

この事象に関して言えば、20世紀とは電気が世界を満たし、21世紀は産業のインターネット化に伴う世界の電脳化が起きているだけだと言える。ただ、それ自体の事象が起こしうる可能性については極めて有意な可能性しかない。

 

現実が変わる。夢が変わる。世界が変わる。

 

さらに言えば、全てのオブジェクト、事象が選択可能な状態を保つだろう。

我がライフ
我がライフ

次の5年は仮想現実と現実の境目

VRを起点とするAR、VR、MRのXR領域が現実を覆う。

これが新たなコミュニケーションの源泉となるのだろう。

ニート就職・転職支援サイトランキングBest3

元27歳ニートの僕が再就職できた就職エージェント(就職shop)」&「Twitterでユーザー評価の高い既卒・第二新卒・社会人経験有り向けエージェント」を真面目にお伝えします。

「ジョブカフェ+1エージェント(就職shop)」を利用して内定を得た既卒第二新卒、ニートの人たちが10人以上います!

我がライフ
我がライフ

各県のジョブカフェにアクセスしたい場合はお手持ちのスマホから「ジョブカフェ」とググるとあなたが住んでいる近くのジョブカフェが検索結果に出てきます。

2018年〜2019年の間で「ジョブカフェ+1エージェント(就職shop)」を利用して内定を得た既卒第二新卒の人たち(ニート含む)が10人以上います。
我がライフ
我がライフ

そこで得た口コミを前提に既卒、第二新卒、ニートが就活を始めるなら、、、

  1. ジョブカフェ|公共の就職支援施設
  2. エージェント(就職shop)|就職獲得に特化をした営利型の就職支援施設
我がライフ
我がライフ

この2つを利用した方がより良い会社探しに繋がると強く感じて、我がライフのブログでお伝えしています。

我がライフ
我がライフ

就職shopさんで良い職を見つけたいなら口コミ、体験談をチェック!

・エージェントのメリット・ジョブカフェのメリットについて

  1. エージェント(就職shop)|試験対策・面接対策・書類対策を重点的にガンガン学べる
  2. ジョブカフェ|20代を欲しがる会社との合同企業面接会がたくさんあって嬉しい

エージェント(就職shop)では実務的な側面、ジョブカフェではより多くの良い会社に出会うための場所としての側面のメリットが存在します。

一人で求人を探すことも大切ですが、エージェント(就職shop)に頼りつつ、ジョブカフェにも頼りつつもっともその時において最適な会社探しをすることが一番懸命な判断だと我がライフは考えています。

・当然、ジョブカフェ+1エージェントだけではうまくいかないことも多い...汗

傾向として既卒、第二新卒の人たちがジョブカフェ+1エージェント(就職shop)で自分たちにとって良い会社を選んでくれている点は素晴らしい点です。

 

しかしながら、それだけじゃあ就活がうまくいかないのも事実だな。と最近感じています。

 

当然の話で、ハロワだけでも、ジョブカフェだけでも、エージェント(就職shop)だけでも良い会社に出会える保証はないからこそ可能な限り頼れる相手、場所は複数以上持っておいたほうがいいわけです。

現状、就活をどうしようか迷っているならぜひジョブカフェ+1エージェント(就職shop)を利用しながら、自分なりに納得のいく形の会社を選べるように行動してくれるとすっごく嬉しいです...!!

我がライフ
我がライフ

当ブログ管理人の我がライフより

我がライフの大事なメモNo.1
複数の人・場所から情報・意見・知識を取得しながら、最も自分にとって最適だと感じる会社を選ぶことが「ブラック企業に就職しない最重要な選択」です。

①.我がライフも就職できたニートの就職 / 転職支援率No.1エージェント:就職Shop 

登録はこちら(公式サイト)

我がライフ
我がライフ

我がライフも就職できたニートの就職 / 転職支援率No.1エージェントが就職Shopです。

ニートの正社員就職支援なら就職Shop

公式サイト:https://www.ss-shop.jp/

ニート、中退、既卒、高卒、第二新卒、社会人経験なしでも、書類選考がなく、履歴書で落とされることがない。学歴や資格じゃなく、人柄や意欲を評価する企業に正社員就職できる就職Shopです。

27歳までニートを続けた社会不適合者で新卒から挫折した僕でも就職Shopで再就職できたので就職支援を受ける1つの選択肢と選んでおいて損はありません。

正社員採用が良い。ブラック企業はいやだ。パワハラ・モラハラ・過労死なんてもってのほか。求人サイトは使いづらい...と」ブラック企業で働きたくないニートの方は就職Shopを1度は利用してみてください

就職shopに面談予約する

就職shop公式サイトに登録する
就職shop公式サイトへ→

就職shopは東京 ・新宿 ・銀座 ・西東京 ・横浜 ・千葉 ・埼玉 ・大阪 ・神戸 ・京都を中心にニートに対して就職・転職支援を行なっています。

②.20代ニート(第二新卒)の転職内定率No.1|ウズキャリ第二新卒

登録はこちら(公式サイト)

第二新卒の転職支援ならウズキャリ第二新卒

おすすめ度:★★★★★

求人数:★★★★☆

使いやすさ:★★★★★

年収アップ率:★★★★★

既卒・第二新卒転職サポート:★★★★★

公式サイト:https://daini2.co.jp/

ウズキャリ第二新卒はTwitter(SNS)での人気度・認知度・好感度が最も高く、ニート(第二新卒)の人が転職先を探している時に一度相談してほしいおすすめのエージェントです。

第二新卒から新しい職場探しをする時に「一体何から始めれば正解なんだ?と疑問を持っている人は悩みすぎて時間を無駄にする前にウズキャリ第二新卒に相談に行ってみて欲しい」です。

ウズキャリ第二新卒では専門職就職、転職するための無料スクールも用意しているので、就活・転活ができない不安を抱えている人は一度利用してみることをおすすめします。

ウズキャリ第二新卒では「東京大阪名古屋福岡」を中心に第二新卒20代の転職希望者への支援を行なっています。

第二新卒の人の間で「一番評判と口コミが良く、Twitterでウズキャリ第二新卒で転職成功した!」とよく聞くので第二新卒の人はウズキャリ第二新卒で相談してください。

③.20代ニート(既卒)の転職内定率No.1|ウズキャリ既卒

登録はこちら(公式サイト)

 既卒の転職支援ならウズキャリ既卒

おすすめ度:★★★★★

求人数:★★★★☆

使いやすさ:★★★★★

年収アップ率:★★★★★

既卒・第二新卒転職サポート:★★★★★

公式サイト:https://daini2.co.jp/

ウズキャリ既卒はTwitter(SNS)での人気度・認知度・好感度が最も高く、ニート(既卒)の人が転職先を探している時に、一度相談してほしいおすすめのエージェントです。

大学を卒業した後にそのまま既卒になってしまい、どうやって正社員枠で採用されるか分からずに時間ばかりが過ぎてしまうことってありますよね。僕(我がライフ)もそうでした...汗

既卒だけど今から正社員を目指したいと本気で考えているならウズキャリ既卒に相談をしてみて自分がどんな方向で働けるのかを検討してみてほしいです。

ウズキャリ既卒では「東京大阪名古屋福岡」を中心に既卒20代の転職希望者への支援を行なっています。

既卒の人たちの間で「一番評判と口コミが良く、Twitterでウズキャリ既卒で転職成功した!」とよく聞くので既卒の人はウズキャリで相談してください

・ジョブカフェに行くべきか迷っている人は参考に聞いてください!

我がライフ
我がライフ

ジョブカフェを利用するか迷っている方に聴いて頂けると嬉しいです。

我がライフのYoutubeチャンネルはこちら

我がライフ
我がライフ

総再生時間「約25時間32分以上(1572分)」も我がライフ相談室を視聴してもらっています!

我がライフ
我がライフ

就職shopで内定が出なかった時に「ジョブカフェ」を利用して欲しいので音声補足!是非聞いてくださいなー

ニート 悩み
我がライフ