⇨【体験談!】現役就活ニートが就職shopを本音で語る
wagalife.workへようこそ

27歳元ニートが、実体験から就職・再就職する方法を書くブログです

ブログ記事一覧

ニートがワーホリ(ワーキングホリデー)ってどうなの?20代にしかできない選択だから慎重に選んで欲しい。だがしかし、人生は1度だ。

既卒・第二新卒の転職術
就職shop

就職shopで面接から就活を始めて、ホワイトな職場で正社員スタートをする準備をしてみてください。
未経験+職歴なし+学歴なし+面接対策経験なし+履歴書書けない27歳元ニートの僕が就職活動に成功した場所です。
就職shop公式HPを見る

就職shopの詳細をチェック

それでは、引き続き本文の続きをご拝読頂けると幸いです。

我がライフ
我がライフ

ニートが25歳から2年間ワーホリ行くってやばいかも…?

かぼちゃくん
かぼちゃくん

2年後に就活が厳しくて辛いなら行かない方がいいのか?

我がライフ
我がライフ

20代で迷いながら前に進もうとされている方への回答記事です。

1.25歳からワーキングホリデーに行きたいが職歴が正社員1年半+飲食バイト+通信制高卒だが、大丈夫か?

ワーキングホリデーから帰ってきた時には27歳。この経歴で再就職は厳しいのか?

これが質問者さんの気になる点。というか行動する前に不安になる点ですね。

それに対して我がライフは、、、

ワーホリに行く.行かないの視点ではなくなぜワーホリに行くのか?を自分の中で明確に言語化すれば厳しくはあれど難しくはないと思います。なぜ?どうして?ワーホリへ?ここを落とし込みましょう!

27歳であってもあなたにとってワーホリに行く経験が有意であるなら、それを起点にその意味を面接で伝えていけば問題はないと思います。

25歳から就活するのと27歳からとでは確かに差がありますが、やはり、なぜ行きたいのか?です。

2年の間に少しでも英語力身につけるなど。やりようはあります。

あなたの過去の選択を興味深いと感じる会社を選ぶ。と考えておもいっきりワーホリをしに行くのがいいかなと。

怖いな、実は違うな、と素直にワーホリに行きたいと思えないなら、その場合は一旦熟考頂ければと。厳しく。とは言われましたが、評価する会社に行けばいいし、別に日本でバイトして2年過ごすのもワーホリに行くのも同じ2年です。

なら、あなたの人生にとって最も良いと思える選択して欲しいですね。

我がライフ
我がライフ

20代で自分にとって最も良いと思える選択をして、経験を積んで欲しいと27歳(2019年はもう28…汗)の僕は強く感じます。

2.20代正社員歴1年たらず+飲食バイト経験あり、学歴が通信制高校卒かどうか関係ない

今回の疑問点は大別すると「学歴的に再就職が厳しい」「ワーホリに長期間いくと再就職が厳しい」になると思います。

しかしながら、学歴時代はそこまで致命的なダメージではないと考えます。

最も問題になるのはワーホリに行っても学歴的にも年齢的にも再就職は無理かもしれない・・・と悩んでしまうキャラクターです。日本だろうと海外だろうと何をしてても変わりません。

ただ、会社の面接官からすれば元気もなくただワーホリに行った人かも?という印象を今のあなたのままでは受け取ってしまうと思います。そうすると、辛いですね。

面接官
面接官

この人なんでワーホリ行ったんだろう。

 

元気ないしな。どうしたもんか・・・

*こうなるとほぼ落ちます。お気をつけ。

 

なればこそ、私は僕は「ワーホリ」でこういう経験をした!!!!

 

と、強く元気に伝えられるキャラクターの方がよっぽど採用されます。意味もなく自分を卑下するような考え、姿勢はもったいないです。本当に僕がそういう人間だったからこそ、お伝えできますね。

・ワーキングホリデーとはなにか?

2国間の協定に基づいて、青年(18歳〜25歳または30歳)が異なった文化(相手国)の中で休暇を楽しみながら、その間の滞在資金を補うために一定の就労をすることを認める査証及び出入国管理上の特別な制度である。

参照|wikipedia

20代限定の各地域(国含む)で経験を積める行動である一方、、、

この査証を使用する青年はアルバイトで滞在資金を補うことが許可されており、ワーキング・ホリデーは「旅する」ことに加え、「学ぶ」「働く」「暮らす」といった海外生活が総合的に体験できる制度といえる。しかしながら、あくまで観光が目的の査証なので、ワーキング・ホリデー査証を使用して、就労や就学を第一目的とする渡航は禁じられている。

参照|wikipedia

ワーキングホリデーはあくまで体験がメインであって就業がメインではありません。

土地土地の風土、習慣、宗教、食事etcに触れることがあなたの人生にとって有意義であり、今後働く上で価値のものである。と言語化できるかどうかがポイントですね。

会社側の認識では、そもそもワーキングホリデーとは?海外放浪?くらいの浅い認識を持つ人しかいないでしょうし、それらの人に対してなぜワーキングホリデーを20代後半から行く必要があるのか?を自分の中で言葉できていないと、中途半端な印象を与えてしまうので注意が必要です。

3.この先の人生がうまく行くかどうかを悩む必要ない

最近すごく強く感じているのは、人生って変化があればそれでいい。ということ。

自分の頭で考えて、自分の考えで生き抜いて、間違えて、失敗して、成功してという人生の一連の流れを選択できる人は極めてごく少数です。だからこそ、あなたにとってワーホリがどういう存在なのかを考え抜いて、自分なりの決断ができているなら、その意思(will)」には価値があります。

 

人生がどういくかとか迷う必要はありません。

 

どうせうまくいきます。ただ、何もせず怖がり、失敗を恐れて立ち尽くすだけでは停滞します。

致命的なエラーは回避しながら、既知ではなく未知に向かって行動した結果と経験を伝えていけば、あなたの評価する会社は必ずありません。怖がる必要はありません。

4.本当に怖いなら一度エージェントに相談してみるのも賢い選択

27歳になった時に「ジョブカフェ・エージェント」あたりを利用すると思うので、今のうちにエージェントに相談をしておくのもいいと思います。

今のうちに関係性を作っておくのはすごくおすすめです。

ウズキャリは20代多いし、もしかしたらワーホリとか海外放浪したエージェントもいるかもです!

こちらの記事もおすすめ🐕🐾

第二新卒・既卒におすすめの転職サイトNo.1:ウズキャリ

我がライフ
我がライフ

第二新卒・既卒・新卒退職者・短期離職者...etcと新卒で入社した後に「もっと自分らしく働けるまともな会社へ転職したい」なら、ウズキャリを利用して欲しいです。

①.20代既卒・第二新卒の転職をしたいTwitterユーザー人気度・好感度No.1|ウズキャリ

 既卒・第二新卒の転職支援ならウズキャリ

おすすめ度:★★★★★

求人数:★★★★☆

使いやすさ:★★★★★

年収アップ率:★★★★★

既卒・第二新卒転職サポート:★★★★★

公式サイトhttps://daini2.co.jp/

ウズウズキャリアはTwitter(SNS)での人気度・認知度・好感度が最も高いので就職shopと合わせて就職・転職相談をすると転職・就職成功確率が上がります。

特に既卒・第二新卒・一社目を数ヶ月で辞めた人・大卒後数年フリーターの方達が、次の転職先を探す時に手助けをしてくれる場所を探しているなら120%お勧めできる良心的な転職エージェントです。

ウズキャリでは専門職就職、転職するための無料スクールも用意しているので、就活・転活ができない不安を抱えている人は一度利用してみることをおすすめします。

ウズキャリの詳細を確認する
ウズキャリ公式サイトに登録する

ウズキャリでは東京神奈川埼玉千葉大阪京都兵庫滋賀奈良和歌山愛知岐阜三重静岡そのほか地域を中心に既卒、第二新卒、新卒退職者など20代の転職希望者への支援を行なっています。
既卒・第二新卒の転職術
我がライフ