無職ニートがクラウドソーシングで月1万稼ぐ圧倒的方法|ランサーズ・クラウドワークスでお金を稼ぐための考えと具体的行程を月10万くらい稼いでた体験談から話すぞ!

無職ニートがクラウドソーシングで月1万稼ぐ圧倒的方法|ランサーズ・クラウドワークスでお金を稼ぐための考えと具体的行程を月10万くらい稼いでた体験談から話すぞ! ニートの就職術

【PR】就職shopの公式情報





【場所】就職Shop東京 ・新宿 ・銀座 ・西東京 ・横浜 ・千葉 ・埼玉 ・大阪 ・神戸 ・京都にあります。

【内定】エージェントが紹介した求人内容と相性が良い会社と出会えた人就職Shopで内定した事実が1年の調査で判明【期間:2018年6月〜2019年9月】

就職Shopの公式サイトを見る


我がライフ
我がライフ

就職Shop:20代既卒、第二新卒の求人探しに最適

東京しごとセンター:第三者の意見をもらえる

ハローワーク東京:鉄板で使わない人がいない

 

本文を読む前に、知っておいてほしい3つのことです!

 

あと23歳から4年ニートの三十路間近の我がライフが就職成功した体験談はこちらです!

我がライフ
我がライフ

無職ニートが「クラウドソーシング(ランサーズorクラウドワークス)」で月1万でもいいから稼ぎたい

かぼちゃくん
かぼちゃくん

確定申告の上限20万(年商20万売り上げ)まで稼いでNo確定申告で金稼ぎたい…!

我がライフ
我がライフ

外出てバイトしてなんて面倒だしなんか自宅で稼げる方法を知りたいまじだぞ

という考えを持つ無職ニートへ現実的なクラウドソーシングの稼ぎ方をお伝えします。

1.月1万円を銀行口座に叩き込むには「1万売り上げ+手数料」が必要

ランサーズで月1万をそのまま銀行口座に叩き込むにはシステム手数料+銀行振込時手数料を加えて稼いでおく必要性があります。

例えば、ランサーズで1万円分の仕事をした場合は、、、

10000円分仕事する ー ランサーズ手数料20% ー 銀行振込時手数料(楽天利用時)
= 7900円

という具合で、全体で21〜25%くらいの手数料を支払う必要があります。

*システムを円滑に使うためのショバ代みたいなもんですね

その為、銀行口座に「1万円|10000円」を叩き込むには、、、

13000円分仕事する ー ランサーズ手数料20% ー 銀行振込時手数料(楽天利用時) = 10300円

という具合で10000円の「手元に残るお金」を得るには13000円程度稼ぐ必要があります。

・月13000円 x 12ヶ月稼いだ場合はどうなるのか?

13000円(総売上)ー 12ヶ月 = 156000円(年商)

という具合になるので、年間で15万6000円を稼げます。

下手にアルバイトにでて週3日働き時給900円 x 5h x 週3 = 13500円 x 4週 = 月54000円を稼ぐよりも質素倹約で生き残る道としては僕は正しいと思います。

 

我がライフ
我がライフ

お金って実はそこまで必要ないし、ニート的には時間をどう潰すかの方が大事だったりもする…

実際、ニート生活の時は15、6万の売り上げを家賃に充当して経費算入、どうにか周囲とシェアしながら生き残ったみたいな経歴があります。加えて、実家暮らしなら正直、これくらいで十分なんですよね引きニート的には。大事なのはWiFiであって別にそれ以外に使うお金とかそんなにありません。

更に言えば月54000円 x 12ヶ月で計算すると、、、

54000円 x 12ヶ月 = 64万8000円

となるので、この時点で所得税・住民税・国民健康保険・社会保険料と色々と支払う義務が発生します。

反面、実家暮らしで月1万稼ぐだけの生活なら確定申告なしで上記も税金も払わないでいいわけです。実際、額面上は15万6000円を稼いでいますが、そこに基礎控除38万円分が差し引かれるので特に問題なしです。

経費を全く算出せず売り上げだけを計上する場合を検討しても年間38万円までは稼いであとは確定申告時に年間の所得を0円にすることも可能です。

よって、、、

  1. 月1万をクラウドソーシングで稼ぐ → 年間で15万6000円を使える(確定申告なし
  2. 基礎控除額ギリギリまで稼ぐ → 年間で38万円を使える(確定申告あり

という具合になります。

確定申告とかわからんし税務署とか税金搾り取る鬼やろ?もう行きたない面倒だやってられん!!!と思う人は月1万稼ぐ生活でいいと思いますし、もう少し欲しければ38万とかでもいいと思います。

2.無職ニートがクラウドソーシングで月1万稼ぐための具体的な手法と行程

無職ニートでノースキルな状態から「月1万稼ぐ(全体で13000円)」を稼ぐのに手っ取り早いのは「ライター」として月13000文字以上をカタカタ書いて、納品することです。

2016〜17年くらいのクラウドソーシングサイトだとまだ0.1円ライターを欲している傾向がありましたが、現状ではある程度のお金を払ってでもライターサイドに記事を書いて欲しいと考えている発注者側が多いので仕事自体はやりやすくなっている状況にあります。

 

文字単価1円以上の仕事。

 

この仕事を軸にいくらか記事を書いていけば、気づくと13000円くらいは稼いでいます。

いや、それだけ?と思うかもしれませんけど、そんなもんです。文字書けばお金になる。

ほんとそれだけ。ただ、人によってはライターができない。人に言われた内容が書けないと感じることもあるので「1ヶ月かけて1万をじっくりと稼ぐために日々スマホでサッと仕事探しをすること」をおすすめします。

・ランサーズとクラウドワークスだとどちらがおすすめか?

個人的な使いやすさでいうと「クラウドワークス」の方がおすすめですね。

ランサーズは個人事業主でキラキラしたい勢が高い仕事を発注、受注するためのクラウドソーシングサイトで、クラウドワークスは主婦含めて一般的な人が気軽にWebで仕事ができるようにするためのクラウドソーシングサイトという違いがあります。

・クラウドソーシングで稼ぐおすすめの方法はなにか?

前述ではおすすめはクラウドワークスと言いましたが、ランサーズにもそれなりにいい仕事があります(割りのいい仕事)

なので、ニートWebライター時代はランサーズ+クラウドワークスに登録して、朝起きたら仕事を探して良さそうな案件に応募しておいて、事前受注している記事を書くという日々を生きてました。それだけで大体月10万くらい稼げてましたね。

 

両刀使い。

 

これが割りのいい仕事を探す良い方法です。

・クラウドソーシングで月1万稼ぐだけなら仕事探しの方が大切

クラウドソーシングで月10万を稼ぐにはある一定量の仕事量が必要になりますが、月1万稼ぐ程度なら割りのいい仕事を探すことをデイリーワークにするだけで意外と達成できます。

多くのクラウドワーカー達に足らないスキルは「毎日良い仕事がないかを探すちょっとした行動力」だったりするので、ギルドに「なんかいい仕事ないかな?」的な発想で毎日クラウドワークス、ランサーズで仕事探しをすることを定量的な動作に落とし込んでいくだけでいいわけです。

そうするだけで、意外とうまくいく。

割りのいい仕事を探すスキル。

これ意外とみんな持ってないスキルなんですよね。

・クラウドソーシングで月10万以上稼ぐには5つ以上のクライアントが必要

経験上、文字単価1〜2円くらいのクライアントが3つもあれば月10万円くらいの稼ぎは得られる計算になります。ただ、多くの場合は玉石混合の中からまともな仕事を探したり、割りのいいクライアントを探す努力ができずにクラウドソーシングは稼げん・・・汗と逃げ出していく方々が多いのが現状ですね。

よって、、、

我がライフ
我がライフ

良い仕事探し+良いクライアント探し

この2つを基本的な行動原理に落とし込めるが結構大事です。精神論ですけど。これができると全然違いますし、下手に安い仕事を大量に受けて一日中PCの前!とかもしなくていいのでおすすめです。

・クラウドソーシングサイトは稼げるのか?

我がライフ
我がライフ

ライターは稼げるかはマジでピンキリです。

営業がうまくて文字単価が高い人は数本書くだけでも跳ね上がりますし、営業ができなくても文字を書き続けられる人は固定でのクライアントが多く収入も安定します。基本、ライターの売り上げは文字数 x 文字単価に依存するので10万文字 x 文字単価1円 = 10万稼げる。という構図。

多くの人は月10万文字(大学修士論文5本分(一本2万文字平均))とか書けないから、まずは1万円稼げるように訓練気分でフラフラ一ヶ月働いた方が懸命。

・クラウドソーシングで1万稼げない時はどうするか?

ショットワークスとかで日雇いバイト行って日当1万以上のやつをやる。

1日働く感じになるけど、一ヶ月の間にリハビリ的に1日働くなら、意外とおすすめ。

僕も過去にちょいとやっていた。おすすめはショットワークスとか。あとは使ってない。

4.参照情報|ランサーズ&クラウドワークスの手数料について

ランサーズとクラウドワークスの手数料について

・ 金額が20万円超部分について・・・5%
・ 金額が10万円超~20万円以下の部分について・・・10%
・ 金額が10万円以下の部分について・・・20%

注意!

振込口座に楽天銀行をつかうと手数料は100円
他の金融機関をつかうと場合の手数料は500円

となります!