ニートがジョブカフェを利用するべきか?未経験歓迎・正社員経験不問・学歴不問で資格や経験がなくても受け入れ、育成してくれる県内企業を探したいなら、おすすめです。

ジョブカフェ活用術

【PR】就職shopの公式情報





【場所】就職Shop東京 ・新宿 ・銀座 ・西東京 ・横浜 ・千葉 ・埼玉 ・大阪 ・神戸 ・京都にあります。

【内定】エージェントが紹介した求人内容と相性が良い会社と出会えた人就職Shopで内定した事実が1年の調査で判明【期間:2018年6月〜2019年10月】

就職Shopの公式サイトを見る


我がライフ
我がライフ

就職Shop:20代で求人探しに困ってるなら相談!

東京しごとセンター:専任アドバイザーが第三者の意見をくれる

ハローワーク:鉄板で使わない人がいない

 

本文を読む前に、知っておいてほしい3点です!

 

あと、我がライフが23歳から4年ニートの三十路間近で就職成功した体験談はこちら!

我がライフ
我がライフ

ニートがジョブカフェを利用するべきか?

結論は「未経験歓迎・正社員経験不問・学歴不問で資格や経験がなくても受け入れ、育成してくれる県内企業を探したいなら、おすすめです!!」という話です。

0.ニートが職務経歴書をどこの相談するべきか?

こんな風に書くための雛形(テンプレート)があるので、参考にしてみてください。

1.ニートがジョブカフェを利用して正社員を目指すべきなのか?

ジョブカフェには中小企業・零細企業が多く求人募集しています。

 

また、ジョブカフェを通じて求人募集する会社の多くは「若者」に対して、、、

  1. 経験や知識は要らないけれど、ヤル気(積極性)のある人
  2. 自ら積極的なコミュニケーションが取れる人
  3. 間違ってもいいので自分の考えが言える人
  4. 意欲や熱意、やる気を面接で見せられる人

などを強く求めています。

 

特に「仕事は1から教えるのでやる気を持って真面目に取り組める姿勢」を大事にしていて、大変なことがあっても頑張って乗り越えられるか?という考えで20〜30代の未経験者を採用したい企業はジョブカフェを利用しています。

・各企業へ合わせた「仕事へ熱意」を面接で表現できる準備が大事

ジョブカフェを利用する企業は「志望動機がどの企業にも当てはまるような内容を聞くと残念に感じる」と言っていて、面接当日までに採用されたい企業の事業内容を含めて「色々と調べておく」と良いでしょう。

 

言い換えれば、働くイメージを一緒に共有できる姿勢を面接官に志望動機とともに伝えられるか?この点が重要です。

・県下の若い人を必要としている企業にジョブカフェは出会わせてくれる

ジョブカフェを利用している企業の多くは古くからある会社で、平均年齢が高い傾向があります。その為、新卒採用含めて若い人を本気で求めています。

 

もし、中小企業・零細企業を中心に資格や経験がなくても受け入れ、育成してくれる県内企業(あなたの住んでいる県)の求人を探しているなら、ジョブカフェが就職支援含めて良い場所だと言えます。

参照|vol.2 トークライブラリー×企業コーディネーター

2.ジョブカフェの利用者状況・就職実績の実例|ジョブカフェ千葉を事例に伝えます

ジョブカフェの平成29年度の就業者内訳は正社員が「43%」で実は「未経験から正社員で働きたいとジョブカフェを利用した人の約42%が”アルバイト・パート”として働き始めている事実」があります。中には派遣、契約社員で働く事例もあり、正社員スタートしたいと考えている人は注意が必要です。

ジョブカフェを利用した人たちの属性は「失業中」の方が多く、ついで就業中だけどジョブカフェで相談をしている人たちもいます。

中には家事手伝いの方もいるので、本当に就職に困っていてどうして良いのかわからない人ほど、ジョブカフェを利用したら良いでしょう。

ジョブカフェ利用者年齢は「20〜29歳(合算値)が約73%を占めている」ので、若者だけど就活に困っているなら問題なく利用できると思います。

30〜40代の人の割合も約20%程度と少なくなく、早めに職歴をつけておく方が、良いことを表しているとも言えます。

平成29年度の利用者比率は2万人程度で、年々利用者数が減少して行っており、特に就職決定者数が年々少なくなっています。

しかし、全体での決定率で言えば約61%となっているので一度相談に行ってみると良いと思いますよ。

参照|http://www.jobcafe-chiba.jp/company/statistics/

3.ジョブカフェ合同企業説会経由の優良中小IT企業内定を得た事例

  1. 入社後に1〜2年社内勤務でエンジニア実務経験を得られる
  2. その後に客先常駐先で勤務してもらいたいと言われている
  3. 企業雰囲気が自分に合っている(飲み会なしor残業嫌いでみんな早く帰る)

などの状況から見てかなりお買い得な会社への内定を得られている状況です。

我がライフの回答事例

内定先企業で1〜2年のエンジニア実務経験をGetできるので、客先常駐先が嫌なら転職しちゃうこともできる超いい関係スタートです。#その理由からお買い得!!

4.ジョブカフェ+就職shopの複数利用はすごくおすすめ

元ニートの僕は「ハロワ+就職shop(エージェント)」を利用して就活し、ジョブカフェは利用しませんでした。

ただ、最近のTwitterフォロワーさんのジョブカフェ合説(合同企業説明会)の評判を聴く限り、結構いい感じの会社が多い傾向があります。

個人的な意見としてはジョブカフェ+エージェント(就職shop)を利用して最も良いと感じた会社で内定を得るのが良いかなと思いました。加えて、よっぽどまともな会社がない・・・と思うなら職業訓練校で職業訓練を受けてみるのも良いと感じました。

 

なんにせよ。

 

なんとなくですがハロワ利用はマストでそれ以外の就職支援施設を上手い具合に利用することがすごく大事だと感じ始めています。

つまり、、、

  1. 就職shopで書類選考なし面談を受けて経験値を得る→良ければ就職(要検討!!
  2. ジョブカフェの合同企業説明会で良い会社を探す→良ければ就職(要検討!!
  3. よっぽど良い会社がないならハロワ職業訓練を受ける→6ヶ月後就活

の順序が全体的に色々な可能性を模索できる就活手段と感じました。参考までに