4年ニート生活→社会復帰した結果は?長年のニート、引きこもりを脱出した元ニートが伝える

ニートの末路

【PR】就職shopの公式情報





【場所】就職Shop東京 ・新宿 ・銀座 ・西東京 ・横浜 ・千葉 ・埼玉 ・大阪 ・神戸 ・京都にあります。

【内定】エージェントが紹介した求人内容と相性が良い会社と出会えた人就職Shopで内定した事実が1年の調査で判明【期間:2018年6月〜2019年10月】

就職Shopの公式サイトを見る


我がライフ
我がライフ

就職Shop:20代で求人探しに困ってるなら相談!

東京しごとセンター:専任アドバイザーが第三者の意見をくれる

ハローワーク:鉄板で使わない人がいない

 

本文を読む前に、知っておいてほしい3点です!

 

あと、我がライフが23歳から4年ニートの三十路間近で就職成功した体験談はこちら!

我がライフ
我がライフ

23歳から4年ニート→社会復帰した結果はどうなったか?

かぼちゃくん
かぼちゃくん

引きこもりを脱出した元ニートが何を考え働き出したか?

我がライフ
我がライフ

長年ニートだった立場から再就職した本音を書いていきます。

怠け者ニートは自業自得・自己責任なのか?

20代で4年くらい怠け者ニートだったので、気持ちすごくわかりますよ・・・

僕もあんま頭よくないし、テストとか苦手で学生時代逃げ続けてたな…と思っています。

ただ、社会に出る分にはやる気・ポテンシャル・素養とかがあればいいですし、今まで後悔してきたのは過去なので、未来に向けて何か1つのことを始めてみればいいのかなと。中途半端に悩むのはもったいないです。

自業自得、自己責任はまあおっしゃる通りなんですけど、それはみんなが自分の責任の範疇で生きているからなんですよね。

何もあなただけが責任を被って人生の全ての事象に後悔の念を持つのは間違っています。だいたいが環境に依存しますし、大事なのは責任にばかり目を向けない方がいいですよ!

 

責任ばかりを自分に向けていると誰かの支援を受けられない問題が生じるので、本当にもったいないです。

 

ハロワ・ジョブカフェ・就職shopと就職支援施設に頼った方が楽ですし、別にいいと思うんですよね。自分を攻めてばかりだと最後の最後で手助けを求められないので、ほんともったいない。

結論からいえば、自業自得自己責任論はいらないです。むしろ最後まで自分だけの力で頑張ることの方が間違っていますし、誰かに頼るのは正義です。

人はそもそも誰かと支え合って生きているので、助けてもらったらあなたがどこかで誰かに手助けすればいいだけです。シンプル。簡単な話です。

就職Shopの公式サイトを見る

23歳から4年ニートの三十路間近だけど、就活成功できた

こんちゃ!我がライフです。ニートがIT企業へ未経験就職するまでの記録を書いていきます
我がライフ(27)です。新卒ソルジャー営業入社後わずか3ヶ月で先輩&同僚の"パワハラ・いびり・いじめ"を受けて退職させられた現役ニート。27歳から新卒退社後一切行動していなかったニートが30歳(三十路)も近いため必死にWeb系IT企業へ就職&転職活動をしまくる記録を伝えます。
我がライフ
我がライフ

詳細はこちらの記事にまとめました。

怠け者ニート(人間のクズ)に支援、手助けをしてくれる場所なんてない…汗

我がライフ
我がライフ

ニートは社会のゴミで穀潰しで全く価値のない存在ではないぞ

社会に参加せずただ生きているだけの怠け者ニートを続けているとあれ…?一人で就活しないといけないし、全然周囲に手助けしてくれる人がいない。家族すら頼れない汗と日にちが経過するほどに誰の支援も得られずに何もできない日々に後悔し続けることすらあります。体験談ですよ。

怠けているとある日突然やる気になって頑張ろうとしても両親は冷ややかな目でまぁ頑張れば?と何の応援もしてくれませんし、場合によってはハロワすら相手にしてくれないし1から何をしていいのかわからないから就職支援の王道ハロワに行ったけど、なんもしてくれない。てか質問したい内容がよくわからない、わからないことがわからない・・・ダメだ!!!となりますよね。

 

あーもう無理だこれ人生終わったもうダメやってらんない

 

こんな風に思って一瞬生まれたやる気がどっかに飛んで行ってしまうのなんてニート・怠け者ニートの日常だと思いますし適当な人生をこのまま生き続けることこそ、21世紀の生存戦略で好きなことをして生きていけないなら、ニートでいいや!と現実を見ずに逃げ出してしまいがちです。

就職Shopの公式サイトを見る

怠け者ニートが4年くらい怠け者クソゴミニートを続けて知った事実

4年くらい怠け者ニート(27歳)を続けて知った衝撃の真実とは・・・?

20世紀と比較して21世紀は安心安全豊かな社会だからこそ、その世界でじっくりゆったり怠け者ニートを続けて生活を適当に平和に生き続けることこそ、最も正義だと本気で思って生きてきましたし、それこそが人間が有史以来求め続けてきた根源的大正義欲求だと思っていました。

その考えは未だに変わっていないけど、、、。何もしていない人生って超絶ヤベー暇だしステレオタイプ的な生き方しかできない”選択肢0クソ怠け者ニート”でしかないんですよね。もう、暇だー暇だーと感じるだけで1日の朝が始まり気づけば昼でお腹が空けば夜になっているみたいないデフォな毎日が続くのは、もう、やべー地獄です。地獄。これは本当に体験しないとやばい。

 

自由に時間を食いつぶす日々こそ、まさに正義だ!!!

 

そう考えて行動した結果、そりゃ地獄でした。最初はいいんですけど続けていくと社会復帰すらできなくなるし、もうそこに未来はないです。僕は27でギリギリ社会復帰できましたけど、もうね。怠け者ニートを続けることには意味はありません。これは僕の人生をかけた検証です。

就職Shopの公式サイトを見る

社会復帰するなら「体力」が大切

2019年8月に入って「夏バテ」し始めていると「体力」がないと何にしてもやりきれないし、働き始めても地獄を見ますよ。

どうにかしてひきこもり続けた状態から体力を回復させる行動を取らないといけない。

今更ですけど、筋トレに励んでいるし減量15kgくらいはしました。

体力ありきの時代です。戦える体力づくりをしておくと行動しやすいですよ。

就職shopの評判を書いたので、職場探しの参考にしてくれれば!

就職Shopの公式サイトを見る

ニートは過去に囚われ続けて”行動”できなくなる

ニートを続けて暗い気持ちになって過去の結果にばかり目を向け続けることになります。

僕も過去に囚われ続けて足を取られて行動できなかった時期が長かったです。

ニートを続けた時間は、無駄なもんでしかない側面が大きいし、実際なくていいものです。

それでも、元ニートの僕がそうであったように自分自身が人生の時間を無駄にしてきた事実に目を向ける必要がありました。

 

ニートは過去に足を取られて、動きを止められる。

 

ニートから社会復帰したいと考えた人ならば、一度は落ちる罠だと思います。

僕の場合はそれでも27歳三十路だったからどうにかするしかない!そう考えて必死になるしかなかったです。この経験から、ニートは下手に考えずに行動し続ける。過去は気にせずに行動するしかないんだと思います。

上手くいかないと人は下を向いて、前を見なくなりがちです。

もし、いま不安で無理だと考えているなら、一度上を向いてみてください。

就職Shopの公式サイトを見る

社会復帰した元ニートは人と話せないって、、、本当?

元ニートが職場復帰して仕事し出すと“周囲の人と話せないし声が出ないしどうしようもない”と某掲示板とかでいわれていますけど、もっと面倒だなと感じるデバフは「人とコミュニケーションするスキルを完全喪失したファッキンクソ野郎社会人」になる点です。

 

声が出ないなら声を出せばいいし、バラエティとか見て笑えばいいだけです。要は、訓練で声出しなんて出来るし、声が出ず会話できないから職場つらたんはそんな問題になりません。

 

じゃあ、何が問題か?

 

ニートを続ければ続けるほど人とコミュニケーション(意思疎通)するスキルを無くしていきながら、しかもニートになるような僕がもっと人と関わるアビリティを無くしていくと地獄です。

 

忖度(そんたく|他人の気持ちを推し量ること)ができないし、会社ってのは基本チームプレイングで集団で個人プレイとかほんと意味ないな。やべーなと思いながら働いているのが三十路27歳元ニートの最近の心境です。

 

人の気持ちがわからないし、自分の気持ちを適切に伝えられなくなる。

 

ニートが社会復帰した時に最も辛いのは人とのコミュニケーションです。

就職Shopの公式サイトを見る

コミュニケーションスキルを一定量保つには、ニートの知り合い作れ

僕は完全ひとりぼっちヒキニートでしたけど、可能ならファミレスとかで話せるニート友達を作っておいて人と話す訓練だけはしておいた方が身のためです。

 

そうすれば声が出なくなる状況もなくなるし、社会性を無くしたどうしようもないニートになることもないのでいい感じです。*尚誰でも出来るわけではないです。

なので、ハロワキャリアカウンセラーorエージェントと定期的に就活相談とかしたり、ボランティアに参加して社会との接点を作っておくだけで違ったなといまさら感じています。

 

人との繋がり、社会との接点。

 

これが大事です。人は社会性を失うとほんとやべーです。後戻りできなくなる…。

就職Shopの公式サイトを見る

社会復帰できないんじゃないか不安になって悩み続ける

できないな、これ無理だ難しいと強く感じていた時に行動できなくなるし、出来ない理由を探しだして、出来ないぞ!と大声でいう人の言葉を探し始めます。

 

もっともらしい批判を受け入れて、自分が出来ない理由を探す“悪い癖”が元ニートの時にあったのが本当にいやで、けれどどうしようもない感じが凄くダメでした。

 

社会復帰がんばろうと面接受けて通ったアルバイトすらニートだからどうせ無理だろうとか思うもんだし、何もできない僕がどうしろと?

本当にこんな感じ。心の中で葛藤し続ける感じですよ。

弱気な兄ちゃんな自分と、自分を否定し続けるおっちゃんの構図です。

 

ネガティブな気持ちだったり、 否定したくなる気持ちはすごくわかります。

けれど、そんな時って下を向いて、俯いてしまっていませんか?

就職Shopの公式サイトを見る

苦しい時は真上を見上げろ

さっき昔のことを思い出して辛い気持ちになっていて、ふと真上を向いたら少し気持ちが和らぎました。苦しい時は上を向け!という言葉ありますが、ほんとだなと思います。

 

辛い時、苦しい時、悩んでいる時、人は下を向きます。

すると、ずっと悶々と考え続けてそこで立ち止まってしまい、行動しなくなる。

行動しなくなるから、いつまでも改善されずに現実が悪化し続ける。

そう、感じます。

 

だからこそ、苦しい時こそ上を向いて、真上を向いてフーッと息を吐ききってください。

少しだけ気持ちが変わりますよ。ほんの少しですけど。

就職Shopの公式サイトを見る

周囲の人を頼らず、上手な頼り方も知らず、コミュニケーションもど下手くそだったニート就活

ニート就活を続けて苦しかった中で常に感じていたのは「もっと楽に気軽に就活はできなかったのか?」という疑問です。

 

色々と考えてみたところ、最も致命的なミスだったなと感じるニート就活のミスは「一人で悩み、一人で行動し、なんでも自分できると思い込んで行動してしまいがちだった点」です。辛いのに辛いといわず、苦しいけど苦しいとも思わずに一人で完結させたがる。これは、間違いでした。

 

IT企業で1年程度勤めていた時期があったのですが、その時も似たようなミスをしていました。

周囲の人を頼らず、上手な頼り方も知らず、コミュニケーションもど下手くそ。

もう、こんなやつがうまくいくわけないんですよ。誰かに適切に頼る。

 

人に上手に頼ってみるスキルが、ニートには根本的に足らないことが多いです。

しかも、足らない事実に気づいていないことが多すぎる。ほんと人生を通じた“最大の自戒”です。

就職Shopの公式サイトを見る

社会復帰はハロワ(職業訓練)+エージェントで攻める

ニートの場合、社会人経験も少なくどうやって就活するのか謎すぎるスタートラインに立たなければならない点もあるので、僕の考えではハロワの職業訓練+ニート向け就職エージェントのコンボで少しずつ行動するのが良いと思います。

*大半のニートにとってハロワ→魔窟だとは思いますが、、、僕は苦手。

 

僕の就活スタイルは「ハロワ10%:就職ショップ90%」の割合だったんですが、就職ショップで初回面談の時に1時間以上親身に相談に乗ってもらったのが凄く印象的でした。ニート、フリーター向けのエージェントなので、まだ利用していないならニート就活のついでに使ってみてください。

就職Shopの公式サイトを見る

4年ニート生活→社会復帰した結果は?

ニートからIT企業x広告系の仕事で働いています。

27歳から社会人で働くのも微妙な話で、よくもまあ採用されたなと自分が一番驚いていますよ。

 

働いていて思ったのは、ニートでも働ける職場はある反面、ブラックっぽい職場をどうにかして避けるために色々な人に頼りながら堅実に進む選択は大事だと思います。

尚、弊社はちょいホワイトなんで意外と楽しいです…。何か参考になれば幸いです!

就職Shopの公式サイトを見る

ニートが社会復帰したいなら他人の手を借りるしかないぞ

社会復帰したいニートは誰かの手を複数以上借りて行動するしかないです。

ヒキニートから再就職できた最大の要因は、、、

  1. ハローワークの人に相談してみた
  2. 就職shopエージェントに職探しを手伝ってもらった
  3. ジョブカフェの人に悩みを聞いてもらったりアドバイスもらった

など、複数以上の就職支援の人たちから意見・アドバイス・知識・ノウハウを教えてもらいながら少しずつ前進できたからだと考えています。

もし、いまあなたが社会復帰したいなら誰かの手を借りて、相談して、助けてもらう選択をすることから始めてみてください。

就職Shopの公式サイトを見る

【追記】ニートが社会復帰したときに大事にしたい条件はひとつ!!

我がライフ
我がライフ

人間関係…!!!(マジだぞby体験談

ニートが社会復帰するときに大事にしたいのは「就職先の上司、同僚の人間関係」なんですよ。

こればかりは入社した後だと修正できないし、コミュ力が低く設定されているバッドステータスなニート(例えば僕とか)は本当に苦労が多いです。

 

じゃあ、どうするか?

 

シンプルに「面接を重ねて、なんかちげーな…と感じる職場にはいかない」ということ。

なんとなくですけど、面接を重ねるとわかるんですよね。あ、これちがう笑…!みたいな。

我がライフ
我がライフ

給与条件とかに目が行きがちですけど、長く働くことを大前提にして欲しいなと思い追記です!