ジョブカフェを既卒・第二新卒は使ったほうが良い件

ジョブカフェ活用術

【PR】就職shopの公式情報





【場所】就職Shop東京 ・新宿 ・銀座 ・西東京 ・横浜 ・千葉 ・埼玉 ・大阪 ・神戸 ・京都にあります。

【内定】エージェントが紹介した求人内容と相性が良い会社と出会えた人就職Shopで内定した事実が1年の調査で判明【期間:2018年6月〜2019年9月】

就職Shopの公式サイトを見る


我がライフ
我がライフ

就職Shop:20代既卒、第二新卒の求人探しに最適

東京しごとセンター:第三者の意見をもらえる

ハローワーク東京:鉄板で使わない人がいない

 

本文を読む前に、知っておいてほしい3つのことです!

 

あと23歳から4年ニートの三十路間近の我がライフが就職成功した体験談はこちらです!

ジョブカフェ(都心ならジョブカフェ(東京しごとセンター))を自分なりの仕事先を見つける20代前半〜後半の人が2019年の前半くらいから顕著になっている気がします。

エージェントだけを使う人も多いですし、僕もエージェントだけしか当時は使わなかったです。

ただ、ジョブカフェ(東京しごとセンター)起点で転職をスタートするのは良い手段だな…!と最近強く感じているのでを書いています。

ジョブカフェは既卒・第二新卒が使ったほうがいいよ

既卒、第二新卒勢がジョブカフェ(東京しごとセンター)を使った方がいい理由は「自分にとって最適な職場選びがなかなか判断ができない」からです。
我がライフ
我がライフ

転職エージェントを退職後、転職活動中に使うのが一般的になっているけどジョブカフェ(東京しごとセンター)使おうぞ!」と声を大きく言う人少ない気がするんですよね。

20代が本当に働きたい職場は大手並みのホワイトな環境ですけど、そんなもん、大手企業に就職した奴らくらいもんじゃないですか。

Twitterで転職活動している既卒、第二新卒勢の声を聞いている限りだと、、、

  1. 残業時間が長過ぎて生きていけない職場
  2. 低賃金でスキルも何も身につかない職場
  3. 人間関係がゴミで働いていて苦痛の職場

などが働きたくもない職場で反対に「労働時間・賃金問題・人間関係」が一定まともなら働いていてストレスがあっても我慢できるということです。

我がライフ
我がライフ

人間関係がアレな職場が嫌な人は多いんですよね…笑

ジョブカフェを使わずエージェントだけを使って転職活動をすると?

エージェントだけを使った転職活動は「働ける場所」を探すことはできても、最低限の条件になりがちなのが既卒・第二新卒の辛いところ…

面接で落ちてばかりで内定先を得られないと、素早く得られないとキツイんですよね。

我がライフ
我がライフ

だからこそ、エージェントだけで仕事探ししないほうが結果的に良い求人を得られる判断ができるな…!という考えが最近強いです。

ジョブカフェを既卒、第二新卒が使う前に知ってほしい事実

退職後3ヶ月以上すぎると書類選考が通らなくなるので、いづれかの企業に決めた方がいいですよ!

これ、エージェントを使う求職者に言われているエージェントが企業へ内定をさせるためのクロージングトークなんですよ。知ってました?

エージェントを使った転職活動のゴールはエージェント経由の就職先で働く未来だけです。

その1点においては価値比率が高いんですけど「利用者一人一人の気持ちに寄り添っている」かと言われればそうでもないわけで…。

働いていて辛いなーという職場回避にジョブカフェはおすすめです。

土日も使えるのは就業中・ニート中でも嬉しい

ジョブカフェ(東京しごとセンター)は土日でも利用できるので、サクッと行けるのも嬉しいんですよね。

ハロワはほら、なんか使いづらいくらいに平日縛りじゃないですか…。

多分、あそこって仕事をしていない人しか利用ユーザーに絞ってないと思うんですよね…汗

就職がゴールではない事実

就職先を得ていざ働くまでがGoalではあるものの、内定先が地獄だと結局なんのために生きているかわからなくなって月〜金までの5日間を呆然と過ごすしかなくなります。

就活しないといけないし、内定がないと辛いし、いつまでも無職ではいけない

それはたしかにそうなんですが、何振り構わず就職すると、やっぱ意味ないよなと。

エージェントは使っていいけど、それ以上に「納得できるまで就活を続けること」が本当に大切だと思いますよ。と。

「ジョブカフェ+1エージェント(就職shop)」を利用して内定を得た既卒第二新卒、ニートの人たちが10人以上います

我がライフ
我がライフ

各県のジョブカフェにアクセスしたい場合はお手持ちのスマホから「ジョブカフェ」とググるとあなたが住んでいる近くのジョブカフェが検索結果に出てきます。

2018年〜2019年の間で「ジョブカフェ+1エージェント(就職shop)」を利用して内定を得た既卒第二新卒の人たち(ニート含む)が10人以上います。

そこで得た口コミを前提に既卒、第二新卒、ニートが就活を始めるなら、、、

  1. ジョブカフェ|公共の就職支援施設
  2. エージェント(就職shop)|就職獲得に特化をした営利型の就職支援施設

の2つを利用した方がより良い会社探しに繋がると強く感じて、今回はお伝えしています。

我がライフ
我がライフ

ジョブカフェ・就職shopで内定を得た人の割合は50%ずつというイメージです。また、、、

就職Shopを利用すると良い点は内定をくれた企業からの評価ポイントを知ることができます。
  1. 自分が企業側にどんな風に見られていたのか
  2. 自分のどこが企業に評価されたのか

これらを知ることで、自分への期待度・職業への適正度などが分かります。

今後のジョブカフェでの就活でも悩まずに就職先を選びやすくなりますよ。

①.就職shopで内定した人たちの感想・口コミの一部

就職shop即日内定の事例に関する質問事例です

②.エージェントのメリット・ジョブカフェのメリットについて

  1. エージェント(就職shop)|試験対策・面接対策・書類対策を重点的にガンガン学べる
  2. ジョブカフェ|20代を欲しがる会社との合同企業面接会がたくさんあって嬉しい

エージェント(就職shop)では実務的な側面、ジョブカフェではより多くの良い会社に出会うための場所としての側面のメリットが存在します。

一人で求人を探すことも大切ですが、エージェント(就職shop)に頼りつつ、ジョブカフェにも頼りつつもっともその時において最適な会社探しをすることが一番懸命な判断だと我がライフは考えています。

③.当然、ジョブカフェ+1エージェントだけではうまくいかないことも多い…汗

傾向として既卒、第二新卒の人たちがジョブカフェ+1エージェント(就職shop)で自分たちにとって良い会社を選んでくれている点は素晴らしい点です。

 

しかしながら、それだけじゃあ就活がうまくいかないのも事実だな。と最近感じています。

 

当然の話で、ハロワだけでも、ジョブカフェだけでも、エージェント(就職shop)だけでも良い会社に出会える保証はないからこそ可能な限り頼れる相手、場所は複数以上持っておいたほうがいいわけです。

現状、就活をどうしようか迷っているならぜひジョブカフェ+1エージェント(就職shop)を利用しながら、自分なりに納得のいく形の会社を選べるように行動してくれるとすっごく嬉しいです…!!

少しではあると思うけれど、参考にしてもらえると嬉しいです。

我がライフ
我がライフ

by 当ブログ管理人の我がライフより